So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イメージ・イーティング? [クリッピング]

想像だけで食欲を抑制できる?
これからのシーズン、甘いチョコレートに目がないあなたへ食べ過ぎに効くアドバイスを1つ。
「おつむで溶かして、お口で溶けない」。最新の研究によると、特定の食品を食べる場面を想像すると、その食品に対する欲求が減少し、実際に食べる量を減らすことができるという。
ナショナルジオグラフィック

同じものを繰り返し食べると食傷気味になることは、ある意味当然ですね。心理学では「馴化(じゅんか)」というそうです。それがイメージの世界でも同じだということが、米カーネギーメロン大学のケアリー・モアウェッジ氏等の研究で発表されたとのこと。研究者等は「ダイエットに取り組む人は、多くの場合、欲求を刺激する好物を考えないように努める。しかし、それは最善の策ではない可能性が出てきた」と述べているそうです。
記事によるその実験は次の通りです。

実験の方法
チョコ.jpg
  1. 51人の被験者を3つのグループに分ける。
  2. それぞれのグループに次のようなイメージをしてもらう。
 
第1グループは
コンランドリーの洗濯機に硬貨を30枚挿入してから粒チョコを3つ食べる。2つの場面を連続して想像してもらう。
研究チームによると、硬貨を挿入するのとチョコレート菓子をつまむのは同程度の運動スキルに相当するという。
第2グループは
硬貨3枚にチョコ30粒を食べる場面を想像してもらう。
第3グループは
硬貨を33枚挿入するだけで食べる想像はしない。
  1. その後、被験者それぞれに40グラムの粒チョコが入ったボウル皿を配って自由に食べるよう指示し、被験者が「もう十分」と言うとボウルを下げて重さを測定する。
実験の結果
チョコ30粒を食べる想像をした第2グループは、想像していない第3グループや3粒だけの第1グループに比べ、食べる量が少ないと判明した。

こんなことでダイエットができるなら便利な話です。ただし、研究者によると、想像した食品だけに効果は限定されるという。例えば、チョコレートを食べるところを想像しても、チーズに対する欲求が減るわけではないそうですから、ダイエットのためには、献立を承知したうえでイメージ・イーティング?をしなければいけないようです。

[目]
退社時には奥様に電話で今晩の献立をきき、帰宅の電車のなかで、その献立を噛んでのみ込むまでをしっかりイメージし、何度も食べればよいダイエットになるということでしょうか。
毎日の[帰るコール]や[食べっぷりが減ったこと]で、煩がられたり怪訝に思われ、夫婦仲にひびが入らなければ良いですが・・・。

「食べ過ぎや喫煙など、常習性のある行動を抑える新たな行動療法の発展につながるだろう」とのこと、面白い心理療法になるのかも知れません。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食費無料のアルバイト