So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

基準値と性年齢 : 血糖 [健康診断データ]

医療法に基づく「四大疾病」は、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病があります。中でも糖尿病は、250万人の患者と2000万人を超える潜在患者がいると言われます。まさに国民病の名に相応しいといえます。この2000万人とされる人数は、「国民健康・栄養調査」で「糖尿病が強く疑われる人」・「糖尿病の可能性を否定できない人」を合わせた数字です。(ここでのHbA1c表記はJDSです:最下段参照)

ここに
 「糖尿病が強く疑われる人」
ヘモグロビンA1cの値が6.1%以上、または、「現在糖尿病の治療を受けている」人
 「糖尿病の可能性を否定できない人」
ヘモグロビンA1cの値が5.6%以上、6.1%未満で、「現在糖尿病の治療を受けていない」人
となります。
血糖.jpgさて、今日は【糖尿病】の検査項目である、【空腹時血糖値】【HbA1c】の検査基準値が各年齢で示す健康ポジションと、両検査の健康ポジション[115sv]が各年齢で示す検査値をみてみましょう。あくまでもVisualHealth.Naviの機能紹介です、ご承知置きください。

◇ 検査値の分布
標準値分布は、過去ポストをご覧ください。
「年齢性標準値:空腹時血糖値」http://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2010-04-12
「年齢性標準値:ヘモグロビンA1c」http://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2010-04-22

◇ 基準値と性・年齢
グラフは、上段に【空腹時血糖値】の検査基準上限値[110]、下段に【HbA1c】の検査基準上限値[5.8]が、各年代で示す標準値をプロットしたものです。
グラフの見方はこちら
血糖01.jpg

【空腹時血糖値】を例に取れば、検査基準上限値である[110]は、25才代の女性では標準値[122sv]を示します。[110][120sv]を超えるこの値を示す人は、統計的には100人中2人以下となります。基準値として考えるには、少し緩やかすぎる値のようです。

同じ[110]は60才代の男性では[102sv]となりますので、約半数の人がこの値より高くなります。少し乱暴な言い方ですが、60才代の男性の半数が糖尿病となってしまいます。
実際60才代の男性の半分が糖尿病なのか、基準値[110]がこの年代では適当でないのか、いずれかと言うことになります。

同様に【HbA1c】では、30台前半までは基準値[5.8]を超える人は100人中1人2人ですが、50代以降は3分の1以上の人が基準値を超えることになってしまいます。
血糖02M.jpg

◇ 標準値115での健診値
右グラフは、健康管理として望ましいとされる標準値[115sv]を示す、各年代での検査値をプロットしたものです。標準値[115sv]より高い人は、100人のうち6~7人となります。統計的に見てこれより低い値の人は、検査値の高さの面からは、健康ポジションにあると考えても良いとする値です。

【HbA1c】を例に取れば、25才代では男女とも検査値[5.3]より高い人が6~7人、60才代では男性[6.7]、女性では[6.8]より高い人が6~7人居ることになります。前述の100人のうち検査値の高い方から6~7人を除けば、検査値の高さの面では問題無いと考えるのであれば、【HbA1c】の基準値上限[5.8]は25才代では緩すぎ、60才代では厳しすぎるとなります。統計的に見れば・・・です。

【空腹時血糖値】では、男性では40代以降、女性では50代以降、健康ポジションとする[115sv]を示す値は[110]を大きく超えています。こちらでも統計的には、年齢を無視した基準値が基準値の定め方原則に必ずしもフィットしていないことを示しています。

[目]

直前のポスト[葉菜類農産物の高機能化栽培]で、糖尿病抑制機能を高めホウレンソウの栽培方法についての特許文書が紹介されています。高濃度カルシウム液肥や液肥の磁気処理により、糖尿病発生因子である、FBP遺伝子の発現を抑制できるというものです。
食物特に野菜類の栄養価の著しい低下も、さまざまな疾病の一因だと言われています。

血糖値を調節するインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌する膵臓は、アルコールと共に脂質の取りすぎで負担・ダメージを受けるそうです。デンマークでは国民の平均寿命を延ばすことを目的に、動物性脂肪に多く含まれ[飽和脂肪酸」を一定以上含む食品に対する課税を開始したとか。
「医食同源」とはよく言ったもので、糖尿病は毎日の食事からかなりコントロールできると言いますので、気をつけたいものだと思います。

本題からはずれますが、厚労省は冒頭の「四大疾患」に「精神疾患」を加えて「五大疾病」とすることを決めたそうです。鬱病などの「精神疾患」は、脳天気な私でもいつ掛かるか分からないとか、今や、メンタルヘルスケアに悩まない企業は無いとも言います。「精神疾患」が増加しているの大きな要因に、微少ミネラルの不足を指摘される方もおられます。ここでも「医食同源」ですね。

[本] ここでのHbA1cの値はJDSで表記されています。
2013年以降の健康診断などでの表記は国際基準(NSGP)になっていますので、
ご自身のHbA1c(NGSP)値と比較される場合などは、次の換算式でJDS値に換算してご参照ください。
    JDS値(%)= 0.980×NGSP値(%)- 0.245%
   次の簡易換算で良いようです。
    NGSP値で5.2%以下  : JDS値(%)= NGSP値(%)- 0.3%
    NGSP値で5.3~10.2% : JDS値(%)= NGSP値(%)- 0.4%
    NGSP値で10.3~15.2% : JDS値(%)= NGSP値(%)- 0.5%
   次のURLでは値を入れると換算してくれます。
    http://keisan.casio.jp/exec/system/1351125607

[本]  関連ポスト
   〇 茶話_HbA1cが上がった?
   〇 茶話_5人に1人_糖尿
   〇 相関:【HbA1c】vs【空腹時血糖】
 

[いす]
〇 標準値については次のURLをご覧ください。
概要
  http://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2010-07-20
 全般
  http://www.gikosha.co.jp/SMIS/SMIS_01.html
 基準値と標準値
  http://www.gikosha.co.jp/SMIS/SMIS_01stnd.html
 EBMと標準値
   http://www.gikosha.co.jp/SMIS/SMIS_01ebm.html

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食費無料のアルバイト