So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

冠動脈疾患の発症リスク [クリッピング]

冠動脈M.jpg心筋梗塞など冠動脈疾患の10年間の発症危険度を予測する新しいリスクスコアだそうです。従来の方式がリスクを過大評価していたのに対し、この方式では、実際の発症率と有意な差が無く正確に冠動脈疾患の発症を予測できるとか、お試し下さい。

以下の予測方法は、情報源・出典から引用していますが、レイアウト・画像等の都合により用語の変更など一部編集してあります。詳細と正確さを求める場合は、情報源・出典をお訪ね下さい。

◇ 10年間に冠動脈疾患を発症する危険度の予測
各ステップ項目の右端にある数値がリスクスコアです。[Step2]以外はステップ毎に該当するスコアを、[Step2]は該当する項目すべてのスコアを、加算していくとリスクの合計得点になります。JavaScriptが動けば、ステップ順にラジオボタンやチェックボックスを選択をし、最後に[合計得点を計算]ボタンをクリックすると合計得点を計算します。最下部のテーブルから合計得点に対応した発生確率(リスク)をチェックします。

Step1:年齢を選択してください
 
35~44歳 30
45~54歳 38
55~64歳 45
65~69歳 51
70歳以上 53
Step2:該当する項目のすべてにチェック(選択)してください
 
女性 -7
喫煙習慣あり 5
糖尿病 6
Step3:普段の血圧を選択してください 
 
至適血圧 -7
正常血圧 0
Ⅰ度 高血圧 4
Ⅱ度以上 高血圧 6
  血圧ガイドラインM.jpg
Step4:LDLコレステロール(mg/dL)の値を選択してください
 
100未満 0
100~139 5
140~159 7
160~179 10
180以上  11
Step5:HDLコレステロール(mg/dL)の値を選択してください
 
40未満 0
40~59 -5
60以上 -6
Step6:eGFRの値を選択してください
 
60以上 0
30~59 3
30未満 14
 
血清クレアチニン検査値から算出します。
eGFRの算出は下記URLなどが便利です。
 http://j-ckdi.jp/ckd/check.html
 http://www.kyowa-kirin.co.jp/ckd/check/check.html
      URLリンク確認は2017年2月
Step7: [合計得点を計算]ボタンをクリックして合計を算出してください
 
  合計得点 
10年間の冠動脈疾患発生確率
合計得点が該当する発生確率を確認します
 
合計得点 発生確率(%)
<= 35         < 1 %  
36 ~ 40 1 %
41 ~ 45 2 %
45 ~ 50 3 %
51 ~ 55 5 %
56 ~ 60 9 %
61 ~ 65 14 %
66 ~ 70 22 %
   71 <  28 % <

◇ 情報源・出典
   国立循環器病研究センター
    プレスリリース
    http://www.ncvc.go.jp/pr/release/006484.html
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jat/advpub/0/advpub_19356/_pdf


[目]

リスクスコアはいかがでしたか。私は49点で、10年以内の冠動脈疾患の発症確率は3%となりました。喜ぶべきか悲しむべきか??

情報源では、「リスクの中ではCKDのStage4以上を最も高く、次いで[LDLコレステロール]高値を高く評価するように設定した」とあります。冠動脈疾患の予防には、腎機能[eGFR]と[LDLコレステロール]のコントロールが特に大切だとされています。

腎機能[eGFR]はさておいても、もともと基準値が厳しすぎるといわれていた[LDLコレステロール]については、先日のドック学会の健康人基準では女性は年齢で152~190mg/dL、男性は178mg/dL程度までとされていましたが、ここでは160mg/dLを超えればきわめてハイリスクとされています。[将来的に病気になる可能性]と[現在時点では問題が無い]と基準の定義が異なる故でしょうが、素人には何とも分りにくい話です。[LDLコレステロール]と[心疾患]の関係は、もはや伝説だとおもっておりましたが・・・。



〇 イラストは下記URLよりフリーイラストを使わせていただきました。
     http://design.taiho.co.jp


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
食費無料のアルバイト