So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年10月 | 2018年11月 |2018年12月 ブログトップ
 記事一覧
2018年11月19日 [クリッピング] 血圧の季節変動
2018年11月15日 [未分類] lightbot
2018年11月05日 [クリッピング] 社会的信頼?

血圧の季節変動 [クリッピング]

血圧は一日の中でも変動しますが、夏から冬にかけて収縮期血圧に10mmHg程度以上の上昇が見られる人や、逆に冬の方が血圧が低くなる人は、心血管リスク(冠動脈疾患、脳梗塞、末梢動脈疾患など)が倍になるそうです。

血圧季節変動.jpg

グラフは情報源から編集引用させていただきました。

冬は血圧が上がるものと思っていると、怖いことになる可能性があると言うことでしょうか。
といっても一日の中で10mmHg程度変動することもありますので、毎日血圧を測定していても、そのことに気づき難いかもしれません。そこでちょっとお薦めなのが、血圧値を移動平均で計算し平滑化することです。平滑化することで、血圧値の傾向がずっと見易くなります。下図は血圧測定値そのものと、5日で平滑化したグラフです。
血圧_季節変動.jpg


上記グラフは制作中のVisualHealth.Naviによりますが、エクセルでも簡単にできますので、お試し下さい。移動平均の計算方法も重み付けなどありますが、単純に前3~5日の平均でよいと思います。利用する測定値は、できる限りは毎日同じ時間帯(起床時)に測定したものが良さそうです。グラフの例では起床時血圧の測定値を利用しています。表示期間の2ヶ月で、収縮期/拡張期ともに少し(数ミリ)上昇がみられそうです。

[本] 情報源
Association Between Amplitude of Seasonal Variation in Self‐Measured Home Blood Pressure and Cardiovascular Outcomes
https://www.ahajournals.org/doi/full/10.1161/JAHA.117.008509

[目]
本記事はあくまでも、VHNの機能紹介です。言うまでもありませんが、血圧値の季節変動に対応するため、安易に薬の量を増やせば良いという事ではないようです。変動が気になるようでしたら、かかりつけの医師に相談しましょう。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

lightbot

幼児にプログラミングの概念を学習してもらうゲームだそうですが、息抜きと脳活にはもってこいです。
図のような単純なケースから、なかなかに手こずるケースもあり楽しめます。
LightBot.jpg
こちらのURLから http://lightbot.com/flash.html
英語は基本的な単語だけですが、トップ頁で右肩の国旗の丸マークを変えれば日本語も選択出来ます。

最近息抜きでお世話になっています。何れのゲームも無料のものです。
UpBot Goes Up
https://www.kongregate.com/games/bateleur/upbot-goes-up
一時停止 → 停止 でレベル選択ができます。

脳年齢テスト 瞬間記憶
http://flashfabrica.com/f_learning/brain/brain.html
https://www.p-game.jp/game48/








コメント(0) 
共通テーマ:仕事

社会的信頼? [クリッピング]

個人間の[信頼]はさておいて、社会的な[信頼]は最早死語なのだろうと思っています。
ちょっと古い調査ですが、「議員、官僚、大企業、警察等の信頼感」というレポートを拝見しました。
団体・機関に対する信頼感の意味するところが難しそうですが、[reasonable expectation][reliability expectation]といった[道理]や[あて]を期待できるという事なのでしょうか。

その調査レポートの冒頭に
 -「マスコミ・報道機関」に対する信頼感が低下-
 -「信頼されるよう努力してほしい」のは「国会議員」が最多-
 -「情報公開が進んでいないと思う」機関は「国会議員」が初のトップ-
とありました。誰もがそう思っていることを調査が裏付けた、だけかも知れませんがちょっと覗いてみます。
g-PAIの主観でデータを取捨しています。正確さと詳細を求める方は、原情報をお訪ねください。


■ 機関・団体に対する信頼感
国会議員、官僚、裁判官、マスコミ、銀行、大企業、医療機関、警察、自衛隊、教師に対する信頼感を、[1:ほとんど信頼できない]~[2]~[3:どちらとも言えない]~[4][5:たいへん信頼できる]の5段階で評価した平均が下のグラフだそうです。
自衛隊がトップなのは、現場の自衛官の災害時の努力を評価してのことで、自衛隊に対する評価ではないかも知れませんが、極めて妥当に感じました。上位の医療機関、銀行、裁判官、警察、教師は「信頼できると期待したい」と言ったことや、裁判官など余り縁がなく、実情を知らない上での判断のような気もします。まあ、私のケチはさておいて、グラフをご覧下さい。
信頼感_01.jpg

■ 信頼感の平均点の推移
2000年時の調査からの推移ですが、マスコミを除いて信頼感が上昇していることに、少し違和感を感じました。前述の通り、自衛隊や、分かり易さ丁寧さを心がけるようになってきた医療機関の上昇は納得できますが、官僚や国会議員、裁判官、警察、銀行の評価が上昇している理由は何でしょうか? 確認してみたい部分です。
信頼感_02.jpg


[本] 情報源
 中央調査社
 「議員、官僚、大企業、警察等の信頼感」調査
 (調査結果の概要)
 http://www.crs.or.jp/data/pdf/trust17.pdf


[目]
官吏として倫理的にきわめて優れた人間は,政治家に向かない人間,
とくに政治的な意味で無責任な人間であり,
この政治的無責任という意味では,道徳的に劣った政治家である.
  マックス・ヴェーバー/職業としての政治

500円コイン1つと10円玉幾つかで手に入ります。官僚、議員諸氏、ご一読ください。

[いす]
・グラフは情報源から転載させていただきました。



コメント(0) 
共通テーマ:仕事
食費無料のアルバイト