So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
水と空気を整える ブログトップ
前の20件 | -

空気中の微生物と磁場 [水と空気を整える]

磁場エネルギーによる殺菌効果については、既にいくつかの実験観察例をポストしました。
 殺菌効果 ほか
いずれも液体(水)を磁気処理することによって、被磁気処理水への直接的な殺菌効果や、磁気処理水を給餌・灌水した動植物生育への効果を観察したものです。
今回は、液体(水)ではなく、気体に対する殺菌効果のドキュメントをご紹介します。
記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、一部で図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。

◇ 観察方法
約75㎡(23坪)の室内において、熱交換・換気ユニット(東芝製Ⅷ-350SS2)に、下記の磁場装置を取り付け、室内空気を循環させる試験を行った。換気ユニットの風量は350m3/hを用いた。前日に窓を開けて外気を取り込んでから1 日室内を締め切っていた部屋で、空気を熱交換・換気ユニットを通したあと、試験区では磁場装置を通過させ、時間単位で微生物数を測定した。

微生物_01M.jpg磁場装置
1,850ガウス(0.185T)の永久磁石で、40x40x10mmのものを2枚組み合わせて1組として使用した。この磁石を、右図に示したように放射状に10組、中心部に磁石を更に1組を固定した。
これにより、磁石間の距離が最大幅の部分でも磁気は1,800ガウス(0.18T)となっている。また、磁石表面の微生物ふき取り試験を行うために、組み立てた装置は、塩化ビニールのパイプに組み込み、簡単に取り外しできる構造とした。試験では、この装置を換気ユニットの吹き出し口に設置した。

◇ 試験・評価方法
 微生物試験は衛生試験法に準じて行い、
 一般細菌および真菌について[浮遊微生物][床面落下微生物]を採取し、次の方法で測定した。

A)浮遊微生物
  1. 吸引は、エアサンプラー(Biotest社製RCS Plus)で行った。
  2. 試料の吸引は、除菌装置の噴出し口から3m離れた高さ1.5mの地点で、室内の空気を吸引して試験を行った。
  3. 一般細菌は、空気を200L吸引して空中浮遊菌測定専用培地(アガーストリップTC:一般細菌用)を用い、30℃ 、2日間の培養で測定した。
  4. 真菌の生育は、11,000L吸引して浮遊菌測定専用培地(アガーストリップYM:真菌用)を用い25℃、5日間の培養で測定した。

B)床面落下微生物
  1. 吹き出し口から0m,1m,3m,5m離れた地点の床面で、直径9cmの培養シャーレを各3枚で、5分間の暴露試験を行った。
  2. 一般細菌は、標準寒天培地を用い、30℃、2日間の培養で測定した。
  3. 真菌は、ポテトデキストロース培地を用い、2 5℃、5日間の培養で測定した。
  4. シャーレの培地表面積は一枚当たり約60cm2で、菌数は4地点の計12枚のシャーレに生育した菌数の合計で示した。

◇ 観察結果
微生物_04.jpg浮遊微生物、床面落下微生物の測定結果は以下の通り。測定実施時期は11月であり、昼間は曖房が入り、暖房の切れる夜間に温度が下がるのため、室温は15~25℃程度で変動し、湿度は50~60%であった。試験区・対照区共にその環境条件と変動は右図の通りで、菌繁殖等への影響は無視できる範囲と考えられる。

A)浮遊微生物
  • 空気を流動させると、床面に存在していた微生物が舞い上がることにより初期は増加するが、以降は磁場の存在が浮遊一般細菌数、浮遊真菌数を共に減少させる結果となった。 結果は、浮遊一般細菌については、真菌と吸引量をあわせるため1,000Lに換算して示した。

微生物_02M.jpg

B)床面落下微生物
  • 磁場装置を通した場合、1時間で若干増加したが、以降は減少に転じ、6~9時間ではゼロになった。このように、空気を流動させると、磁場の存在が落下一般細菌数、真菌数を共に減少させる結果となった。

微生物_03M.jpg

◇ 観察者等による考察
  1. 永久磁石で作った放射状の磁場の中に、気体を通過させた場合、浮遊一般微生物は、磁場を通過させないものに比べ著しく減少した。
  2. 床面に落下する一般微生物は、磁場を通過させないものに比べ大きく減少した。
  3. 空中に浮遊している微生物が磁場の影響を受け、大きな固まりなどになり単に落下して床面に生息しているとか磁石に付着することで減少すると言うより、磁場による微生物の存在に対する抑制作用の可能性が大きいものとなった。
  4. この試験で、開始直後に菌数が増加しているが、換気装置を作動することで、床面等に生息あるいは付着している微生物が舞い上がり一時的に増加したものと考えている。

◇ 原情報・出典
  磁場が流動する気層中の微生物に及ぼす影響
  岩手県工業技術センター
  食品技術部 山本忠 他
  岩手県工業技術センター研究報告-第12号(2005)


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
詳細は下記URLから 
  http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

生物学的な効果 [水と空気を整える]

「傾斜静磁場の生物学的効果」に関する観察例です。1992年のレポートですので、20年以上前になりますが、丁寧な実験観察です。「細胞内DNA量への影響」「細胞の増殖速度に与える影響」「殺細胞効果」について、[静磁場単独][静磁場と放射線]を印加した場合の影響・効果を観察しています。ここでは、[静磁場単独印加]の場合の観察をご紹介します。

記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。

◇ 観察方法
  ○ 材料と方法
  • 培養細胞はmouse乳癌細胞由来のFM3A細胞を使用した.
  • FM3A細胞ほ仔牛血津10%,緩衝剤として0.12%のNaHCO3を含むEagleMEM培地を用い.37±0.5℃で培養した.
  • この条件下でのFM3Aの対数増殖期における集団倍加時間(以下,PDT:population doubling time)は12時間である.
  • 実験にはすべて分注後48時間の対教増殖期にあるFM3A細胞を用いた.
  • 殺細胞効果の判定には細胞のコロニー形成能を指標として用いた.
  • コロニー形成能の測定には,以下のような方法で分注したFM3A細胞を含むflaskを用いた.
  • 即ち,30%仔牛血清を含む2倍濃度のEagleMEM培地と0.3%の寒天溶液を等量混合したものを40℃に保った.
  • 溶液5ml中の細胞教が200となるようにFM3A細胞懸濁液を混入し,これを各flaskに5mlずつ分注し直ちに冷水中で寒天を凝固させた.凝固したときの寒天の濃度は0.15%となる.
  • 凝固後1時間室温に静置したものを実験に用いた.
  • 一回の実験には必ず対照を5本以上取り実験値は対照との相対値として表した.
  • 標本数が最低15となるように実験を繰り返した.
  • 対照全てのコロニー形成能が75~100%内にあったとき,その実験のデータを採用し,対照のうち一つでもコロニー形成能がそれ以下であったもの実験全体を失敗したものとして捨てた.

傾斜磁場.jpg  ○ 磁場
  • 使用した静磁場装置は放射線治療用の直線加速器に用いられていた電磁石を用いた.
  • 今報の実験には図中にflaskとして示した使用部位の中心部が5.8X10-2T,辺縁が6.9Xl0-2T、滋力勾配が0.6T/mに設定した粂件で使用した.


◇ 細胞内DNA量への影響
  • 細胞内DNA量測定には,FM3A細胞104個/mlを試験管内に分注し.磁場内に30分間静置する.
  • 磁場暴露後37±0.5℃下に2,4,6,8時間置き細胞104個当りの細胞内DNA量をフローサイトメトリー(Cytonflourograf ICP22A,Orto Co.,USA)を用いて測定した.
  • 磁場の細胞内DNA量への影響を示す.対照及び磁場暴露2,4,6,8時間のDNA量ヒストグラムを示している.
  • 2及び4時間後においてG1期(*1)を示すピークの減少がみられた.
  • 磁場曝露後8時間で対照と同じ細飽周期分布に戻っており,磁場や細胞周期への影響は一過性のものであった.
     *1 G1期は休止期から細胞分裂への最初で細胞が大きくなり合成の準備段階
DNAヒストグラム.jpg

◇ 殺細胞効果
殺細胞効果.jpg
  • 殺細胞効果の測定には,磁場暴露を5,10,20,30,60分とし,曝露後37±0.5℃にて9日間培養し,コロニー数を肉眼にて計測した.
  • 60分間室温中に静置したものを対照とした.
  • コロニー形成能は対照に比して磁場暴露時間に応じて低下し,暴露時間が20分で80%まで低下した.
  • しかし磁場暴露を20分間以上にしてもそれ以上の低下は認められなかった.
  • いずれも対照に対して1%以下の危険率で有意に低下していた。


◇ 原情報・出典 
  培養細胞に対する傾斜静磁場の生物的効果とCoガンマ線との併用効果
    日本医学放射線学会雑誌. 52(12) 1992.12
    名古屋大学医学部
    小林英敏 佐久間貞行

[目]
今回の観察は医療分野であり、これまでの実験観察とは趣が異なりますが、次の2点について、20年以上前にしっかりした観察で確認されていたことが分かります。
  • 磁場に殺細胞効果が期待できる。
  • 磁場による効果・影響は、印加除去後も一定時間持続する。

磁場による影響・効果には、大別して次の2つがあります。
  磁場印加中の磁場効果
  磁場印加後に磁場の除去・移動後にも得られる磁場効果
後者、磁場印加の除去後に効果が持続する、いわゆるメモリー効果についてはさまざまな観察報告があります。そのメモリー効果の期間は数時間から数日、1ヶ月以上とまちまちです。


過去ポスト[水の熟成]でご紹介した[炭酸カルシューム(CaCO3)の結晶構造(アラレ石と方解石)]の割合の変化においては、磁場印加後にその影響が数百時間におよびましたが、数時間(*1)、数日継続(*2)するとした観察や1月以上継続(*3)するとした観察例などがあります。このメモリー効果は、これまでの磁気学の理論では説明が困難なうえ、メモリー効果を判断する方法もまちまちですので、ばらつきがあるのも、ある意味当然ですが、メモリー効果が磁場エネルギーを神秘的に思わせる一つの要因かも知れません。

  *1 Effects of magneticfield on waterinvestigated with fluorescentprobes
     Ko Higashitani, Jun Oshitani, Norio Ohmura 
    Department of Chemical Engineering, Kyoto University 1996
  *2 水溶液への磁場効果の基礎的研究
     押谷潤
     京都大学大学院工学研究科  1998
  *3 Magnetic water treatment
     J.M.D. Coey, Stephen Cass
     Physics Department, Trinity College, Dublin 2, Ireland 2000


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

極性とスケール除去 [水と空気を整える]

磁気処理のために磁場を形成する際、磁極の向きの組み合わせ(N-N:N-S:S-S)によって効果が異なる観察があることは、以前にもご紹介しました。
 磁気極性と水質への影響 

今回は異極(N-S)を向き合わせた複数組の磁石を使用する場合に、極向配列をペア毎に反転させた場合と統一した場合の効果についての観察例を取り上げてみます。この観察例からは配列の違いと共に、使用した磁石のペア(組)数によるスケール除去効果の違いも見ることができます。 原情報は前回の「流速とスケール除去」と同じ「MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION」です。記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。また、正確を期したい場合も原情報にあたってください。

◇ 磁石配列
観察で使用された磁石の極向配列を下図に示します。
磁石1組の場合は、タイプA(極向反転)もタイプB(極向統一)の同じです。2組目以上の配列でタイプによる磁石間の磁束密度分布の違いが出てきます。これを配列図の下に示します。配列図、分布図共に5組の磁石を使用した場合です。

分布図で分かるとおり、磁石間の磁束密度はタイプAの場合では[-160mT]~[+160mT]を変化する不均一な磁場を、タイプBの場合では[+160mT]程度の均一な磁場を形成しています。
(160mT=1600G:ガウス)
配列.jpg

◇ 観察結果
配列、組数による除去効果の観察結果は次の通りです。
スケール除去効果、スケーリング時間・核生成時間の測定方法は下記「○ スケール除去効果(イオン化カルシウムの濃度変化)」「○ スケーリング時間・核生成時間」に記述します。
極向配列とスケール除去効果
配列タイプA(極向反転)ではタイプB(極向統一)に比べ除去効果が増幅されます。  
観察者等は次のようにコメントし、磁気配列に反転を採用し、磁場に不均一性を与えることがスケール除去の効率を高めるとしています。
  • タイプB(極向統一)で磁気処理した場合のスケーリング時間が、磁気処理なしで観察された時間の2倍であったならば、タイプB(極向反転)では3倍であった。
  • 同様に核生成時間においても それぞれタイプBで5倍、タイプAで12倍の生成時間遅延が確認できた。

組数とスケール除去効果
磁石組数が多いほどスケール除去効果が増幅されます。
観察者等は次のようにコメントし、いずれの配列でも組数を増やすほど除去効率は高まり、組数による除去効率の変化パターンはタイプA・B共に類似した傾向でだが、タイプA(極向反転)の場合は効果が増幅されるとしています。
  • スケーリング時間は、3組の磁気処理によるタイプBでは、磁気処理なしで観察されたスケーリング時間の約2倍(タイプB=1.9倍、タイプA=2.3倍)であった。
  • 同様に5組では、約3倍(タイプB=2.3倍、タイプA=2.8倍)であった。 
  • 核生成時間は、3組でタイプB=2.4倍、タイプA=5倍、5組ではタイプB=5倍、タイプA=12倍であった。
 
それぞれのグラフ・表を次に示します。  
○ スケール除去効果(イオン化カルシウムの濃度変化
グラフは横軸に流速、縦軸にスケール(イオン化カルシウム濃度)の程度を示しています。スケールの程度は磁気処理装置の入力イオン化カルシウム濃度([Ca2+]i)を[1]として、タイプA・Bの配列とさまざまな組数での磁気処理後のイオン化カルシウム濃度([Ca2+]との割合([Ca2+]/[Ca2+]i)を表しています。
配列スケール.jpg
○ スケーリング時間・核生成時間
グラフと表は配列および組数とスケーリング・核生成の時間を比較したものです。それぞれの時間の定義については下記に簡単に触れていますが、実験概要と共に詳細は原典を参照してください。
配列時間.jpg
スケーリング時間(scaling time)
スケールによる電極の被覆率の増加を電極を流れる電流の減少から検知し、電極が完全にスケーリングされたときに観察された残留電流に近い非常に低い値に到達します。これをスケーリング時間とします。
下グラフ左図(Chronoamperometric 曲線)
核生成時間(nucleation time)
スケールの電極表面への蒸着は、蒸着開始から若干の遅延の後に増加し始めます。このタイミングを核生成時間とします。
下グラフ右図(Chronoelectrogravimetric 曲線)   
時間.jpg
◇ 原情報・出典
   MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION
    Water Res. 2001 Sep ;35(13):3249-59.
    C. GABRIELLI, R. JAOUHARIy, G. MAURIN and M. KEDDAM
    Physique des Liquides et Electrochimie, Universite Pierre et Marie Curie, Paris

[目]

この観察におけるスケール除去では、極向配列を反転する事が効果効率を高めるとしています。以前にご紹介した観察例(冒頭)などでも、また「磁気処理の効果にばらつきがある」といった評価例からも、磁場エネルギーを利用する際は、その目的によって印加する極向きなどのインストレーションが鍵となることが分かります。過去ポストの繰り返しになりますが、磁気処理装置を利用する際には次の各点にご注意ください。
  1. 簡単に作れそうな磁気処理装置は、次の3要件が大切であり、かつ面倒なことに神経質な面がある。
       ○ 素材となる磁石やハウジング部材の成分構成・材質や形状
       ○ 磁気分布、ハウジングの実装設計
       ○ 設置などのインストレーション
  2. 誤った素材、設計、設置では効果が出なかったり、設置当初は効果が見られても、短時間で効果が減衰してしまうことも少なくない。
  3. 上述の3要件(素材、設計、設置)に対して定常的に研究・検証・製造できるだけの体制があるメーカの製品であることが望ましい。
  4. 製品の正しい知識とハンドリングノウハウを持った業者であることが望ましい。
  5. ご自身で磁石を購入してトライされる場合は別として、製品として購入し導入される場合は、(c)(d)はもっとも注意されるべき点です。
[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから
      http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

流速とスケール除去 [水と空気を整える]

水のトリートメント、とりわけ配管のスケール除去では磁場を横切る水の流速がある程度に確保されることが、除去効率を高めると言います。水流速が2m/秒以上が必要だと言った製品もありますが、実際はどうでしょか。 「MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION」と題されたドキュメントから、「流速と磁場効果」「極性と磁場効果」等についての観察データを何回かに分けてご紹介します。記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。

◇ 流速とスケール除去効果
グラフは横軸に流速、縦軸にスケール(イオン化カルシウム濃度)の程度を示しています。スケールの程度は磁気処理装置の入力イオン化カルシウム濃度([Ca2+]i)を[1]として、さまざまな流速での磁気処理後のイオン化カルシウム濃度([Ca2+]との割合([Ca2+]/[Ca2+]i)を表しています。ごくわずかな流速でも、磁気処理装置を通過することでスケール量は急激に低下し、0.1m/秒以下(0.074m/秒)で15%の減少、流速の増大と共に低減率も増加し、1.8m/秒では25%低減されています。しかし、その後は流速を増しても低減率はほとんど増加していません。
流速とスケール.jpg

◇ 流速とスケーリング時間・核生成時間
グラフと表は流速とスケーリング・核生成の時間を比較したものです。それぞれの時間の定義については下記に簡単に触れていますが、実験概要と共に詳細は原典を参照してください。
非処理水のスケールリング時間(75分)に比べ、0.1m/秒以下(0.074m/秒)の流速でも2倍のスケーリング時間(180分)を示し、0.885m/秒では3倍の225分までスケーリング時間を増加し(遅らせ)ています。同様に核生成時間では非処理水で5分が、0.074m/秒の流速では30分、0.885m/秒では50分に増加しています。
流速とスケール時間.jpg

○スケーリング時間(scaling time)
スケールによる電極の被覆率の増加を電極を流れる電流の減少から検知し、電極が完全にスケーリングされたときに観察された残留電流に近い非常に低い値に到達します。このタイミグをスケーリング時間とします。下段グラフ左図(Chronoamperometric 曲線)
○核生成時間(nucleation time)
スケールの電極表面への蒸着は、蒸着開始から若干の遅延の後に増加し始めます。このタイミングを核生成時間とします。下段グラフ右図(Chronoelectrogravimetric 曲線)
スケーリング核生成_N.jpg

◇ 磁気処理のフロー
下記に簡単に記しますが、詳細は原情報を参照してください。
  ・永久磁石 42×25 mm 6mm厚     ・磁石の配置間隔とペア数  12mm 5組
  ・パス数 6      ・磁石ギャップ間の磁束密度  -160~+160mT 下図 
    ・処理フロー 下図
流れM.jpg
◇ 原情報・出典
   MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION
    Water Res. 2001 Sep ;35(13):3249-59.
    C. GABRIELLI, R. JAOUHARIy, G. MAURIN and M. KEDDAM
    Physique des Liquides et Electrochimie, Universite Pierre et Marie Curie, Paris

[目]

この観察では、スケール除去にはごくわずか(0.1m/秒以下)でも流れがあれば、十分な効果が期待できるとしています。また、流速の増大で効果も増加しますが、一定速度(2m/秒)以上では、スケール除去に及ぼす増加効果は少ない事を示しているようです。


[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パイプ素材とスケール [水と空気を整える]

magnetizer02.jpg磁気処理装置にスケールの除去を期待する場合、対象となるパイプの素材によっても、装置の設置方法(主に、デバイス:磁石数と磁場)が変わってくるといえます。
流速と磁場効果」「極性と磁場効果」に続いて、「MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION」と題されたドキュメントからの観察データをご紹介します。記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。

◇ パイプ素材とスケール除去効果
4種類(塩ビ:PVC_Ⅰ:PVC_Ⅱ、銅、ステンレス鋼)の素材でできたパイプでのスケール除去効果の観察データです。この観察で使われた、PVC_Ⅰ、PVC_Ⅱの違いは次の通りとされています。
  PVC_Ⅰ
    純粋なPVCで作られ柔らかく透明なもの 
  PVC_Ⅱ
    一般の塩ビ管、PVCに炭酸カルシウム、酸化アルミニウム等を添加し硬質で灰色のもの。

グラフは横軸に磁気処理の時間、縦軸にスケール(イオン化カルシウム濃度)の程度を示しています。スケールの程度は磁気処理装置の入力イオン化カルシウム濃度([Ca2+]i)を[1]として、磁気処理後のイオン化カルシウム濃度([Ca2+]との割合([Ca2+]/[Ca2+]i)を表しています。

観察の結果、磁気処理装置を1分間(5つの磁石間を1度通過する時間)通過させることで、ステンレス鋼管と銅管ではスケール(イオン化カルシウム濃度)が28%、硬質塩ビ管(PVC_Ⅱ:一般家屋の配水管などで使われる塩ビ管)では18%の削減が見られます。しかし、磁気処理時間を長くしても低減率はあまり増加せず、パス(デバイス)数を5から150まで増加させても、その低減率は5%程度にとどまります。
パイプ素材_01.jpg

◇ パイプ素材とスケーリング時間・核生成時間
グラフと表はパイプ素材とスケーリング・核生成の時間を比較したものです。それぞれの時間の定義については下記に簡単に触れていますが、実験概要と共に詳細は原典を参照してください。

観察の結果、非処理水のスケールリング時間(70分)はPVC_Ⅰと同じ値で、ステンレス鋼管・銅管では90分を示し、PVC_Ⅱ(一般の塩ビ管)では80分とスケーリング時間を増加し(遅らせ)ています。同様に核生成時間では非処理水、PVC_Ⅰで2分が、ステンレス鋼管では18分、銅管で10分、PVC_Ⅱ管でに5分に増加しています。
パイプ素材_02.jpg

 ○スケーリング時間(scaling time)
スケールによる電極の被覆率の増加を電極を流れる電流の減少から検知し、電極が完全にスケーリングされたときに観察された残留電流に近い非常に低い値に到達します。これをスケーリング時間とします。
 ○核生成時間(nucleation time)
スケールの電極表面への蒸着は、蒸着開始から若干の遅延の後に増加し始めます。このタイミングを核生成時間とします。     

◇ 原情報・出典
   MAGNETIC WATER TREATMENT FOR SCALE PREVENTION
    Water Res. 2001 Sep ;35(13):3249-59.
    C. GABRIELLI, R. JAOUHARIy, G. MAURIN and M. KEDDAM
    Physique des Liquides et Electrochimie, Universite Pierre et Marie Curie, Paris

[目]

この観察では、銅・ステンレスの金属管の方が、塩ビ管よりもスケール除去の効率が高いことを示していますが、一般に使われる塩ビ管(PVC_Ⅱ)でも、十分な効果が期待できるとしています。また、磁気処理装置の有無によるスケール除去の効率の違いは顕著だが、磁気処理時間を一定数(ここでは1分:5デバイス)以上増加しても、除去に及ぼす増加効果は少ない事を示しているようです。

これまでもいくつかの観察例でご紹介した通り、磁気処理に求める目的によって設置方法を決定する必要があります。取り付け場所の素材などによっても、設置方法の工夫が求められます。
磁場エネルギーは、こうしたインストレーションが理論的に必ずしも確立できていない部分があります。そのため、誤った製品構造や設置方法での失敗が、磁場エネルギーに対するさまざまな誤解を生んでいます。意識すべき程度に違いはありますが、道具はすべからく正しく使うことが必要です。

[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも大歓迎です。
   詳しくは下記のホームページをご覧ください。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

温泉水スケール [水と空気を整える]

磁気処理装置が水道管などのスケール防止に効果的なことはよく知られ、このGPATalksでも、実験例やそのメカニズムについて、以前にもご紹介しました(水の熟成)。今回は、温泉水におけるスケール除去の実験データです。

◇ スケールの弊害

源泉から汲み上げたばかりの温泉水には豊富なミネラルが含まれます。しかし、地下源泉では温泉水中に溶存していたこれらの成分は、源泉を汲上げる過程で、温度や圧力の変動、大気との接触により給湯管に沈着し、スケール化してしまいます。スケールはポンプ・熱交換器・ミキシングバルブ・末端水栓などにも付着してしまいます。このスケール化は給湯管に次のような弊害をもたらします。
  • 管内径が小さくなり水圧が下がるいことで、汲み上げ効率が悪くなる。
  • 汲み上げポンプに過重な負荷が掛る。
また、スケール生成時には発生する二酸化炭素などにより、管内圧力が変動し、キャビテーション(空洞現象)を起こすことで、汲み上げ設備に次のような悪影響が起こります。
  • 汲み上げポンプの性能低下
  • 配湯系での振動や騒音
  • 配湯管や設備機器の壊蝕
そして浴槽では、地下源泉に含まれていた豊富なミネラル成分が、ちょっとばかり低下した温泉に浸かることになってしまいます。

スケール防除対策としては、酸などの薬剤を用いて溶解除去・洗浄したり、高圧洗浄する方法がありますが、定期的に相当の費用が掛る上、メンテナンスのために設備休止したり、環境汚染の心配があることはご承知の通りです。

◇ 観察の概要

今回、ご紹介するドキュメントでは、「泉源からの揚湯を一部分取し、該揚湯に磁気処理およびイオン封鎖液注入処理とを施して後、該被処理揚湯をポンプアップして泉源の揚湯管先端口に注入する」ことを提案し、その効果データを示しています。
ここでは、「イオン封鎖液注入処理」は、テーマから外れますので、汲み上げ温泉の一部を、「磁気処理装置」のみを通過させ、汲み上げ源泉と混合し給湯した場合についての観察データをみます。その給水の流れと磁化装置の概要は下図のとおりです。
温泉スケール.jpg

  1. 源泉を汲み上げ浴槽との中間にある、貯湯タンクから一部の温泉水を磁化装置に分水する。
  2. 分水の量は、温泉水に溶存するミネラル分、更にはスケールの状態に基づいて決められるが、凡そ揚湯量の1/3~1/20を分岐し、磁化装置に送る。
  3. 磁化器には、磁束密度500~3000ガウス(0.05~0.3テスラ)、好ましくは1500ガウス以上の永久磁石を配置する。永久磁石の枚数は磁気処理量や管径に合わせ決められる。
  4. 磁気処理された温泉水は源泉汲み上げ口で、汲み上げられた源泉と混合され貯湯タンクに送られる。


◇ 観察結果

下グラフ左は上記の通り、一部の温泉水を分岐分水した後、磁化器を通し磁気処理した場合と、未処理の場合の、時間当たり汲み上げ水量(トン/時)の経時変化、下グラフ右は磁気処理による、キム上げ水量の改善率を示したものです。ここに改善率は、[(磁気処理汲み上げ水量-未処理汲み上げ水量)/未処理汲み上げ水量]を百分率(%)としています。
温泉スケールグラフ.jpg

時間を経るほど、時間辺りの汲み上げ水量、汲み上げ効率で、未処理、磁気処理の場合の差が大きくなっています。また図表は省略しますが、生成スケール厚では、未処理の16.4mmに対し、磁気処理では13.3mmと、2割近い低減が見られたとしています。

◇ 情報源・出典
  公開特許公報 特開平6-23393
   温泉水のスケール防除方法およびその装置
   協和空調株式会社

[目]

この観察では、全体水量の1/3から1/20に分水した温泉水を磁気処理し、源泉に環流混合させています。一部の温泉水は循環して磁気処理が施されることになります。一部循環の効果がどの程度あるかは不明ですが、源泉全体を磁気処理する方が効果的ではないのかと思います。が、一部水の磁気処理でもこれだけの効果が出るのだと、ちょっと驚いています。
下図はMAGNETIZERを利用した全体への配置例です。
温泉磁気M.jpg


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜用水など
   先ずは1つの蛇口だけを磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLをご覧下さい。 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

磁気処理水と水あか [水と空気を整える]

よく磁場エネルギーの中を通った水は、水あかや赤さびを発生し難いと言います。この事実を利用した磁場処理製品は古くからあります。磁場エネルギーが印加された水の効能はいろいろと言われていますが、水あかについてはその結晶構造を変化させ、水あかの発生を除去・予防すると言う考え方が、最も収まりがよいようです。この資料はその磁場エネルギーを通過した水が、水あかの結晶構造を変化させていることを確認したものです。磁場エネルギーによる水のトリートメントでは、原点ともなる今や古典書といえるかもしれません。資料の概要を簡単にご紹介します。

◇ 観察方法
  • 100個以上のサンプルに対し、磁場照射した水と原水を一定時間放置し、その後開放された500mLビーカの中で、それらの水を80℃まで温めて、水あかを発生させた。
  • 発生させた水あかはX線散乱によって、その組成である炭酸カルシウム(CaCO3)の構造を解析し、また14個のサンプルについては、電子顕微鏡による観察と、マイクロプローブ解析を行った。
  • 水あかの組成である炭酸カルシウム(CaCO3)の結晶構造を調べ、[アラレ石:Aragonite]と[方解石:Calcite]の割合を調べた。
湯沸かしポットM.jpg
水あかは、水に含まれるケイ酸、炭酸カルシウム等の無機成分によって形成されます。湯沸かしポットの中や加湿器の周りが白くなり困っている方も多いと思いますが、その白い汚れはほとんどの場合この炭酸カルシウムです。
炭酸カルシウムには同質異像で結晶構造の異なる[アラレ石]と[方解石]があり、[アラレ石]の方が[方解石]より水に溶け易いことが知られています。この観察はそのことに着目し、磁場照射水することで、水あかの主成分である炭酸カルシウム[アラレ石][方解石]の比率が原水と変ることに焦点をあて観察しています。

◇ 観察結果
  • 32組のサンプルのテストでは、磁場照射水では、その水あかの[アラレ石]の割合が[方解石]の割合より増加することが観察された。
  • その確率水準は99.9%であった。
  • この時に印加した静磁場は0.1テスラ。
  • この[アラレ石]の割合が多くなった状態は200時間以上に渡り維持された。

これをグラフに示したのが次のグラフです。
ss2.jpg
未処理水(上写真左)と磁場照射水(上写真右)の水あか(炭酸塩堆積物)の電子顕微鏡写真。
長い棒が[アラレ石]、粒々が[方解石]です。磁場照射した水の方(上写真右)では、[方解石]より[アラレ石]が多くなっています。それぞれの画面横幅が100μm程度です。

グラフ(上左)は未処理水、磁場照射水、それぞれの[アラレ石]比率を示しています。磁場照射水の水あかの方が[アラレ石]の割合が多いことが分かります。
ここでグラフの様子で注目したい点がいくつかあります。
  • [アラレ石]の比率の増加段階(最初の40時間ほど)は、原水に比べ磁気処理水での増加率が倍以上を示している。
  • [アラレ石]の比率の減少段階(40時間程度以降)は、原水・磁気処理水ともほぼ同じ減少率を示している。 [アラレ石]の比率の減少開始後、原水は200時間程度でその比率がほぼ0になるが、磁気処理水ではその効果が200時間以上も継続している。


◇ 現情報・出典
  Magnetic water treatment
   J.M.D. Coey, Stephen Cass
   Physics Department, Trinity College, Dublin 2, Ireland
    Journal of Magnetism and Magnetic Materials 209 (2000) 71}74
    http://protec-eau.fr/pdf/Magnetic_Water_Treeatment_Studie_2000_Irland.pdf
        リンク確認:2015年12月


[目]

この観察でおもしろいと感じたことが2つあります。
1つ目は、原水も磁気処理水も最初に40時間ほど、[アラレ石]の比率が増加を持続する時間帯が存在するということです。水もいわば「熟成」するということでしょうか。磁場エネルギーがこの「熟成」時間帯の変化を倍以上に促進したことになるのでしょうが、「磁場エネルギー」と共に「水」というのも不思議なものです。

2つ目は、グラフから、磁場照射水の[アラレ石]比率が0になるには、およそ700時間(1月弱)近く掛かると推計できることです。磁場エネルギーの議論で、その影響は磁場を通過した瞬時に無くなるとする意見がありますが、磁場印加によって物質の性質が変りますので、この観察例では磁場印加の影響が1ヶ月近く維持されたということになりそうです。


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には[AFE][HDFE]がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜産業水など
      1つの蛇口だけ磁気処理水にしお試し下さい。
    左サイドコンテンツ[お薦め商品]からおはいりください。
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
〇 イラストは下記URLよりフリーイラストを使わせていただきました。
    http://www.sashienomori.com/index_j.html
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タバコと磁場 [水と空気を整える]

時折、テレビで禁煙治療のコマーシャルを目にします。昭和40年代には80%以上(男性:女性15%)もの喫煙率だったのが、最近では30%(男性:女性10%)まで減少してきているといいます。残るは概ねタバコをやめられない人たちでしょうから、禁煙には医療の力が必要だと言うことでしょうか。さて、その禁煙に磁気刺激が有効そうだという情報のクリッピングです。グラフや説明図は情報源から引用転載させていただきました。一部レイアウトの都合で編集してあります。詳細と正確さを求める場合は情報源をお訪ねください。

◇ 概要
  • 喫煙欲求は、タバコを連想させる視覚刺激(他人の喫煙シーンなど)に誘発される。
  • 喫煙欲求の強さは、ニコチンの欠乏よりも、「自己認識:喫煙可能性の認識」や「自己抑制:禁煙治療意欲」、すなわちその場でタバコが入手可能な状況かなど、喫煙行動に関わる自己意識の影響を強く受ける。
  • タバコの煙の視覚刺激など喫煙を想起する刺激によってさまざまな脳の部位が活性化することが見いだされている。 連携.jpg
  • 大脳前頭前野の2つの部位、喫煙可能性の状況判断は背外側前頭前野、喫煙欲求そのものは眼窩前頭皮質の連携により、喫煙欲求を形成する
  • 背外側前頭前野の活動をTMS(経頭蓋磁気刺激法)により人為的に抑制すると、状況に依存する喫煙欲求の変化が起こらなくなり、タバコをすぐ吸える状況とすぐ吸えない状況との喫煙欲求度の差がTMSによる抑制のない場合に比べて小さくなった。

◇ 実験内容と結果
  1. 10人の喫煙者(女性3人、男性7人、平均年齢23歳)を対象に、[①実験終了後すぐに喫煙できる][②実験終了後4時間は禁煙を続ける」のどちらかの状況を伝える。
  2. 外部から局所的な磁場をかけて神経活動を一時的に抑制するTMSを用いて、[ⓐ前頭前野の活動を抑制する(実験群)][ⓑTMSを施したように装うが実際にはしない(対照群)]のいずれかの処置を行う。
  3. この2×2の4パターンを1人の喫煙者に対して行い、喫煙シーンのある動画を見せたときの脳機能の活性化部位をfMRI(機能的MRI法)で観察した。
  4. このときの喫煙欲求の強さ(喫煙欲求度)を「私は今すぐタバコを吸いたい」気持ちの程度として0~10の数値で自己評価してもらった。

  1. 背外側前頭前野をTMSで刺激すると喫煙欲求が下がる
    [タバコをすぐ吸える状況:上記①/グラフ]では、喫煙欲求度は強かったが、TMSを用いて人為的に前頭前野の背外側面(背外側前頭前野)の脳神経活動を抑制すると、喫煙欲求が下がり、[タバコをすぐ吸えない状況:上記②/グラフ]と同じくらい低い喫煙欲求度になった。
    TMS有無.jpg
  2. 大脳前頭前野の2つの部位の連携が、喫煙欲求を形成する
    図左
    喫煙欲求の強さに常に比例した活動を示す部位は前頭前野の腹内側部(眼窩前頭皮質)である。
    図中
    さらに喫煙可否の状況により活動が変化する部位が背外側面(背外側前頭前野)に位置する。十字部は、背外側前頭前野の活動を実験的に抑制するために行ったTMSの標的部位を指す。
    図右
    眼窩前頭皮質の活動は、背外側前頭前野の活動をTMSで抑制するとそれに応じて減衰し(青色)、この現象はタバコをすぐ吸える状況でより顕著に現れた。
fMRI画像.jpg

◇ 情報源・出典
  タバコを吸いたい気持ちを自己制御する2つの脳部位を発見
   -薬物依存の発症メカニズム解明に期待-
   理化学研究所
   http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130129_1/
   http://www.pnas.org/content/110/11/4422.full
         URLリンク確認は2014年11月

[目]

この研究が発表されたのは約2年前、最近は危険ドラッグによる事件が頻発しています。
研究者らは情報源ドキュメントの中で「今後の期待」として、次のように述べています。
『これらの発見は、タバコなどの薬物に対する欲求が、前頭前野の腹側と背側の脳神経の連携により形成されていることを示します。この連携のバランスの乱れがタバコや薬物依存症の原因の1つと考えられ、今後、依存症の理解と有効な治療法の開発につながると期待できます。』
joke.jpg一日も早く治療利用が、それも予防治療に利用ができる日を期待しています。

「禁煙には頭に磁場をかければいいのか」 といって、MAGNETIZERやFLAVORINGを頭に乗せても効果はないと思います(たぶん・・・)。
磁石を足の上に落として痛い思いをしたり、ものを壊すのが[落ち]ですからお気をつけください。自己責任で挑戦した方、効果があればお知らせください。貧乏事務所の新しい活路が開けます・・・???。


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜用水など
   先ずは1つの蛇口だけを磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLをご覧下さい。 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
〇 イラストは下記URLよりフリーイラストを使わせていただきました。
    http://free-pictograms.com/index.html
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パンの製造 [水と空気を整える]

パンの小売りはその6割がコンビニとスーパーなど量販店だそうです。そのためもあるのでしょうが、若い頃よりずっとパンが並んでいるのを見かける機会が多くなりました。にもかかわらず近年、パン市場全体は伸び悩んでおり、低価格化、円安などによる原材料高騰といった逆風もあり、パン業界は厳しい状況にあるそうです。

その停滞状況の中、最近はインストアベーカリの一般化もあり、冷凍パン生地や焼成済み・半焼成済み冷凍パンの利用が盛んになってきたそうです。但し、未だ通常製法に比べ風味、香りといったテイストに問題を残しているといいます。そのテイストの向上に、磁場エネルギーが一つの解決策を提供する可能性を示唆する試験データがありましたので、クリッピングです。
試験の結果
パン製造において磁場を印加した酵母を利用することで、パンの膨らみ、風味、ふんわり感や品質安定性が向上する。
としています。

特許文書から課題や実施例部分を見てみましょう。記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、一部で表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。詳細と正確さを求める場合は、情報源・出典を参照してください。

パン.jpg

◇ 課題
A.従来の課題
  • 冷凍パン生地はお店で手軽に短時間でパンを焼成できるという利点がある反面、通常製法に比較して焼成体積、内層の目立ち、食感、香りなどの品質に問題があった。近年の技術開発により冷凍生地によるパン類の品質にも改良が加えられ、焼成体積や内層は通常製法のパンに遜色の無い範囲に到達している。しかしパンの香り、風味に関しては未だ不十分である。
  • パン類が多様化する中で、通常のパン酵母を使用している限りでは、風味、食感が変わり映えせず、最近では、果実を利用した製パン方法が試みられており、リンゴなどの果実あるいは植物の皮などから抽出した酵母および乳酸菌などを製パン発酵に利用して、パンを製造する方法が開発されている。しかしリンゴの皮などから抽出した酵母および乳酸菌などを製パン発酵に使用する場合は、発酵が遅いため、生地を調製してからベーキングに至るまでに3~7日を要する。
B.解決しようとする課題
  • パン類の製造に際して、酵母、乳酸菌等の菌類の生理活性を高めることにより、特定の酵母等を使用しても従来法と同等の発酵効果を短時間で発揮し得る方法を提供するものである。
C.課題を解決するための手段
  1. 酵母、乳酸菌等の菌類に磁場を印加すると菌類が活性化すること
  2. 製パン工程において、特定の磁力の磁場を印加して酵母、乳酸菌を使用すると発酵時間が短縮でき、かつ良好な発酵製品を得ることができること
D.課題の対象
  • 食パン、菓子パン等のパンの他、ドーナツ、蒸しパン、あるいはピザクラスト、クロワッサン等の折り込み生地さらには酵母を用いた発酵菓子等、小麦粉と水とを使用して調製した生地を加熱して得られるものを含む。
 
◇ 磁場の印加条件
  1. 静磁場であれば磁束密度が0.1~4 T(テスラ)、印加時間が0.5~72時間
  2. パルス磁場であれば磁束密度が0.1~4 T、パルス周波数が1~200Hz、
    印加時間が1~10分間
        ⅰⅱいずれの場合にも印加温度は5~50℃である。
特に好ましい条件
  1. 静磁場であれば磁束密度が0.5~2.5T、印加時間が6~48時間
  2. パルス磁場であれば磁束密度が0.5~2.5T、パルス周波数が10~100Hz、
    印加時間が2~5分間
        ⅠⅡいずれの場合にも印加温度は20~40℃である
  
◇ 観察例
A.酵母の調整(磁場印加)
磁場印加方法_1:静磁場
ブドウの表皮より抽出した天然酵母液に下記の条件で磁場を印加した。
・酵母の抽出
 ブドウ1重量部と水1重量部を混合し、
 27℃程度で3~4日静置後、濾布で漉して天然酵母液を調製。
・磁場印加
 磁束密度が0.745Tの静磁場を30℃において24時間印加。
磁場印加方法_2:パルス磁場
パン酵母(オリエンタル酵母製生イースト)に以下の条件で磁場を印加した。
・磁場印加
 パン酵母に磁束密度が1.0T、パルス周波数が40Hzのパルス磁場を
 30℃において3分間印加。
B.パンの製造
以下の配合、作業方法により食パンを製造した。
   [配合]
 強力小麦粉 100(単位:重量部)
 酵母 4
 天然酵母液 4
 イーストフード 0.1
 砂糖 10
 塩 1.8
 油脂 6
 脱脂粉乳 2
 水 67(バランス)
パン2.jpg
  上記各成分を下記作業方法にしたがって混捏する。
水は適度の硬さの生地が得られる範囲で使用量を調整する。
   
    [作業方法]
 ミキシング 低速3分、中速4分、油脂投入、
 低速3分、中速2分
 捏上温度 27℃
 発酵 28℃ 60分、パンチ、30分
 分割 230g
 ベンチタイム 30分
 ホイロ 40分
 焼成 上火温度180℃、下火温度220℃、40分 
   
C.実施例
 実施例_1
磁場印加方法_1(静磁場)の酵母を用い、上述[パンの製造方法]によりパンを製造した。
 比較例_1
実施例_1の天然酵母液を磁場処理せずに用い、発酵時間を72時間とした。
他は実施例_1と同様にしてパンを製造した。
 実施例_2
磁場印加方法_2(パルス磁場)の酵母を用い、実施例_1と同様にしてパンを製造した。
 比較例_2
実施例_2の酵母を磁場処理せずに用いた他は実施例2と同様にしてパンを製造した。
  
D.観察結果
パン結果.jpg
  • 品質評価はパンの膨らみ、風味、ふんわり感を食パンで評価し、その結果を上表に示した。パンの膨らみは山形食パンでパンの高さを測定することで評価した。ふんわり感、風味は10人のパネラによる官能試験により評価した。品質安定性は、食パンの高さのバラツキ度合いを標準偏差から判定した。
  • 上記実施例_1および_2]において、さらに磁場を印可した乳酸菌を加えた生地においても同様の結果が得られた。
  • 比較例_1および_2の生地に発酵時間中、4Tの静磁場を印加したところ、比較例_1、_2のパンよりも良好な仕上がりのパンが得られた。
    
E.観察者らの見解
  • 菌類に磁場を印加すると菌類が活性化する理由は、磁場を受けた細胞の脂質二重膜を形成している脂質分子の水平拡散やフリップ・フロップの状態が変化して脂質二重膜の流動性が高まるために、細胞内外の物質移動が盛んになること、および細胞質や細胞膜に内在する酵素の活性が高まることに起因すると推測される。
    磁場の印加条件においては
  • 磁束密度、印加時間、温度が規定した各条件よりも低い場合には、酵母の活性化が不充分でパンの発酵促進につながらず発酵時間の延長、膨張度合の低下が見られる。
  • 各規定条件よりも高い場合には、酵母が損傷するものと推測され、発酵に支障をきたす。
 
◇ 出典・原情報
   公開特許公報 特開2003-79306
  パン類の製造方法
  豊年リーバ株式会社

   冒頭のパン市場については次を参考にしました。
   「パン市場のチャネル別需要分析調査 2012」(富士経済)
    http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/120829_12080.pdf
   「パン市場に関する調査結果 2013」(矢野経済研究所)
    http://www.yano.co.jp/press/pdf/1082.pdf


[目]

この試験データでは、磁場印加による製造の方が磁場印加しない製造方法に比べて、パンの膨らみ、風味、ふんわり感などの品質やその安定性が高かったとのことです。静磁場とパルス磁場による印加の違いでは、静磁場の方が幾分か優れています。設置やオペレーションがより簡単な静磁場でより高い効果が得られるのは便利な話です。

静磁場として扱うには些かためらわれますが、磁気処理水の中の磁場効果には時折驚かされることがあります。ある店では揚げ物に使う油を、事前に缶ごと磁気処理水に浸けてから利用されているそうです。そうすることで油がへたる(劣化する)時間を延ばし、揚げ物の食感も高まるとか。

磁気処理水の中に油缶を浸けておいた事で、油の酸化を遅らせる働きが有るのかも知れません。が、磁気処理水が磁化され、それがある程度の時間は持続するとしても、磁場というにはあまりに小さいパワーです。しかし何十年もシェフとして活躍されている方の実体験であり、コストと味にシビアな対応が求められる中で、熱心な研究・試行錯誤で到達された結果ですので重みがあります。

油缶を磁気処理水に浸けておくことで、酸価(AV:Acid Vlue)や 過酸化物価(POV:Peroxide Value)など油の酸化程度の進行に良い影響が見られるのかを調べてみないといけませんね。


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜用水などを1つの蛇口だけ磁気処理水にしお試し下さい。
   詳細は下記URLをご覧下さい。 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

水耕栽培 [水と空気を整える]

[水耕栽培]というと、小学生の頃のクロッカスやヒアシンスを思い出します。ポットに水を入れすぎて球根を腐らせてしまったり、観察日記をさぼって友達に写させてもらったり、とあまり良い記憶はありません。

最近は、[水耕栽培]と[野菜工場]がセットになるほど、食品メーカ・外食チェーンを始め建設・不動産業など、さまざまな分野の企業が[水耕栽培]に代表される[施設型栽培]に進出しています。生産物もレタスなど葉菜類やイチゴ・トマトなど果菜類ばかりでなく、ニンジン・ダイコンなど根菜類や芋なども栽培されているそうです。

今回は、[水耕栽培]での成長促進、収量の増加、品質の向上、耐病気害虫性などを期待して、栽培液を磁化処理した観察実験をご紹介します。原典は特許文書です。記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、一部で図を含めて表現や用語を変更・省略・整理しています。詳細が必要な場合は情報源をお訪ねください。では、実施例からその観察内容をみてみます。

◇ 実施例の概要
ア.磁気処理の方法
水耕栽培装置の栽培用ベッドに栽培液を供給する給液パイプの外側に磁石を取付けて、給液パイプ内を通過中の栽培液に磁気を与えて栽培液を磁化し、磁化された栽培液を給液パイプから栽培用ベッドに供給するようにした。磁石を給液パイプの外側、栽培液の流れ方向二ケ所以上に離して取付け、夫々の磁石により給液パイプ内を流れる栽培液を磁化するようにした。磁石に主として永久磁石を使用するようにした。
水耕.jpg
イ.観察の内容
 観察方法
  ①試験目的
  養液栽培トマトの給液パイプに設置した磁石のトマトへの生育促進及び品質向上効果の試験。
  ②材料および方法
 
  • 使用水耕施設  NFT水耕施設
  • 試験区 
     対照区 : 給液パイプ慣行に準ずる(30株を1区とした)
     磁石取付け区 : 給液パイプのベッド近くの給液部に取付けた
                                                        (30株を1区とした)
  • 耕種概要トマト品種  「みそら」を供試
  • その他
     播種 : 9月1日   定植 : 10月4日
     培養液管理 : 慣行に準じて管理
  ③調査項目
 
  • 生育、生態調査  第1花房催色期、第2花房催色期、ほか
  • 栽培液調査     EC値,pH値の推移、ほか
  • 環境調査気温および液温 
   
 観察結果
 A.トマトの生育状況
  • 磁石取付区のトマトの生育は対照区に比較して、草丈が高く、葉が茂り、茎が太く、葉色が濃く、旺盛であった。
  • 対照区のトマトは第5花房周辺の葉のカルシウム欠乏による黄化枯死が見られ、茎が急激に細くなっていた。
  • 磁石取付区のトマトは旺盛な生育をしていて、生葉重、生茎重、株当たり平均果重および生根重ともに大きかった。
  • 特に生根重の大きいことは、チャンネル全体に根圏が分布しており、根群の活動が良いことが認めらた。
水耕01.jpg
表に記載された[〇][-]は磁気区と対象区を比較した評価で、〇は優位 -は同等を示します。この評価は、[磁気/対象]の比較割合と共に【GPA Talks】が付記したものです。原典には存在しません。(以下の表も同様)
   
B.花房別着花および着果状況と尻腐果の発生状況
  • 総着花数は対照区で多かったが、総着果数は磁石取付区が多かつた。
  • 着果数を花房別に見ると、第1花房から第3花房までは両区での差異は小さかったが、第4および第5花房では磁石取付区で多かった。
  • 尻腐果の発生数は対照区で特に顕著であり、第2花房および第3花房で目立ったが、磁石取付区では明らかに減少した。
水耕02.jpg
    
C.トマトのカルシウム欠乏症の発生状況と防止効果
  • カルシウム欠乏は肥大初期から幼果および生長点周辺の若葉に発生が見られ、特に高温期に発生が高まり問題となる。
  • これは高温期における根群の活性の低下によるものと推定される。
  • 本試験で得られた結果から低温期でも発生が見られ、カルシウム欠乏の防止には磁石の取付が効果的であると思われた。
水耕03.jpg
 
◇ 観察者らの見解
  • 養水分吸収の効率が高まり、植物生育の促進、増収及び品質の向上が実現し、減肥栽培の確立が可能となる。
  • 栽培液中の各種成分の吸収効率の向上による欠乏症の防止および各種生理障害の防止が可能となる。
  • 耐病害虫性も向上する。
  • 水に含有される各種成分の凝固による固体化の防止が可能となり、給液パイプの目詰まりが防止され、栽培液の流れが円滑になる。
  • ベッド内の液体通路も汚れにくくなり、根の張りがよくなり、更にはタンク内の栽培液も浄化される。
さらにはより高い効果や安定、そして操作性簡便について以下のように言及しています。
  • イオン化した栽培液はイオン化後すぐに使用するのが効果的である。
  • 栽培液の流れ方向二ケ所以上に離して取付け二回以上磁化され、磁化が確実になり効果がより一層向上する。
  • 磁石が永久磁石であるため、電気配線が不要であり、給液パイプへの取付が簡便である。
  • 給液パイプの所望箇所に取付け可能となり、停電による磁気の解除がないため、栽培液が常に確実に磁化される
◇ 出典:原情報
     公開特許情報 2001-251982
     磁力を利用した水耕栽培方法
     株式会社みかど育種農場

[目]

観察者等は育種の専門家のようですので、その面での観察手法やデータは十分に信頼できると考えます。
本観察で観察者等は、磁気処理による効果を 「栽培液を磁化するため、栽培液に含まれる各種成分がイオン化されると共にイオン化が促進され、植物への養水分の吸収効率が高まる。更に、各種含有成分の凝固による固体化が抑制され、沈殿物が減少し、給液パイプの目詰まりも防止できる。」 としています。【イオン化】もさまざま且つ複雑な磁場エネルギーの作用の一つのようですね。

野菜類の栄養価低下が言われ始めたのは、ずいぶんと昔のように思います。土壌に微量ミネラルなどの力が弱くなっている現在、[水耕栽培]は[高機能化栽培]を実現する効果的な方法の一つかも知れません。


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜産業水などを1つの蛇口だけ磁気処理水にしお試し下さい。
   詳細は下記URLをご覧下さい。 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせ歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

空気を整える [水と空気を整える]

エンジンやボイラーで燃料を効率良く燃やすには、空気(酸素)が不可欠ですが、この酸素を供給するパイプの壁面で発生する気体流の摩擦抵抗は、なかなかの曲者です。この摩擦抵抗を可能な限り減少させることは、空気が効率良く供給でき、燃焼効率を上げる結果に結びつきます。

さて今回は、このパイプ面の壁面摩擦抵抗を低減する装置の観察事例を特許文献からのご紹介です。
仕組みは極めてシンプルで、空気の中に含まれる酸素ガスに磁気引力を作用させて、パイプなどの流通管内壁の摩擦抵抗を低減する装置です。特許文献を覗いてみます。
[課題]
気体流の壁面摩擦抵抗を低減する気体流の壁面摩擦抵抗低減装置および気体流の壁面摩擦抵抗低減方法を提供し、さらには空気流の壁面摩擦抵抗を簡便に低減しうる装置、その使用方法、および気体流の壁面摩擦抵抗低減方法を提供する。
[手段]
酸素ガスまたは酸素ガスを含む気体の気体流と接する壁面近傍で、該壁面と接する気体流に該壁面に垂直に該壁面に向かう方向の磁気引力を作用させる磁気引力発生手段を備え、壁面摩擦抵抗を減少させる気体流の壁面摩擦抵抗低減装置。
[情報源・出典]
「気体流の壁面摩擦抵抗低減装置、その使用方法、および気体流の壁面摩擦抵抗低減方法」
 (特開2007-170663)

特許文献(前記情報源)の中で幾つかあげられている【実施例】から2つほどピックアップします。

◇ 観察1 鉄管
本発明の装置を取り付けた直管を用い、壁面摩擦抵抗低減率を測定した。
観察装置
  • 鉄管(外径12mm、内径10mm、長さ120cm)に5×5×40mmのNd-Fe-Bの永久磁石を8個、磁石の長手方向と管の長手方向が一致するように、点(A)と(B)との間に2cmの間隔をあけて設置した。このとき、磁石のN極及びS極の向きは、すべてS極を壁面に向けて設置した。
       差圧計:Testo社製、商品名:Testo406
差圧.jpg
観察方法
  1. 気体流はコンプレッサーを用い、毎分70リットルの空気を始点(C)の側から矢印の方向にそって鉄管内に流した。このときの空気流のレイノルズ数は約9900である。
  2. 点(A)と(B)での壁面の圧力減少を前記差圧計(D)で測定した。
 観察結果
          
磁石が無い場合の圧力差 1.88 hPa
磁石がある場合の圧力差 1.84 hPa
圧力差減少 0.04 hPa
圧力差の改善率 2.13 %
  • 磁石がない場合の点(A)と点(B)との間の圧力差は1.88hPaであった。
  • これに対し、磁石を設置したとき、同区間の圧力差は1.84hPaとなった。
  • すなわち、磁石を設置したことにより約2%の圧力差の減少(改善)がみられた。
  • この実験結果を下記の式に導入すると、永久磁石を設置した場合、摩擦抵抗が約2%減少することが明らかになった。
  • この結果から、壁面近傍に磁気引力が作用する場合、管内の気体流の壁面摩擦抵抗が低減したことが分かる。

    なお、壁面の摩擦による圧力の減少は円管では以下の式で表される(ユーリゲン・ツイ-レップ著、中川武夫訳、「流れの理」、四聖文庫、191頁参照)。
式.jpg
  •  ここに、τは壁面せん断応力(まさつ)、Dは内壁の直径、l(エル)は点(A)(B)間の距離、p1及びp2は点(A)及び(B)におけるそれぞれの圧力に相当する
     
◇ 観察2  エンジン吸気管
エンジンの空気吸入管に本発明を取り付け気体流の壁面摩擦抵抗低減状況を測定した。
観察装置
  • 図は本発明の気体流の壁面摩擦抵抗低減装置を適用した気体吸入エンジンの部材配置を模式的に示した配置図である。
        エンジンは草刈り用2サイクルSIエンジン
          (田中工業株式会社製、TGC-4501型、排気容量20mL)
  • 内径8mmの空気吸入管(E:ステンレスSU304)の外側に固定したU字形の鉄片枠(F)の内側に、一対の永久磁石(Nd-Fe-B)(G)をそれぞれ磁気力により固定して、本発明の気体流の壁面摩擦抵抗低減装置とした。
  • 永久磁石の寸法は2×2×3cmであり、吸入管に平行な寸法は3cmである。
  • 比較実験では磁石(G)の代わりに同じ形状のプラスチックブロックを配置し、同様な計測を行なった。

    熱線流速計(カノマックス社製、IHW-100型)
エンジン.jpg
観察方法
  1. 空気の流速計のセンサーを点(H)に設置し測定した。
観察結果
  1. 磁束密度分布:下左図
    • 管の中心軸をx軸(X)、x軸に垂直で一対の磁石の中心を結ぶ方向をy軸(Y)としたときの磁束密度Bの分布が得られた。
    • 壁面近傍ではB(dB/dy)=30T2/mになり、空気に作用する重力の60%に相当する磁気引力が壁面に垂直方向に作用することが分かる。
    • 壁面近傍で壁面に向かうこの磁気力が空気に作用し、その大きさは9N/m3である。
エンジンデータ.jpg
 
  1. 流速の量と時間変化:上右図
    • 空気の流速の時間変化の測定結果を示したグラフであり、(a)が磁石を設置した場合の結果、(b)が磁石を設置しなかった場合の結果である。
    • 約10msecの周期の連続したパルスが観察され、各々がエンジンに吸入される脈流に対応する。
    • 磁石を設置した場合としない場合とを比べると、磁石を設置した場合は流速のピ-ク値が高く、かつバラつきが少なくなり、吸入管内壁の壁面摩擦抵抗低減効果がみられた
     
     

[目]

この装置の味噌は酸素(空気)などの気体流に作用する磁気引力ということになります。酸素ガスが常磁性体で磁石に引き付けられることは知られています。この磁気引力によって壁面での空気の乱流をコントロールし、空気をスムーズに流そうというものです。

自動車を始めとしたエンジンの吸気パイプやボイラーの通気系に用いることで、効率よくの空気を供給でき、燃焼効率もを改善される可能性があります。結果、燃費の向上や高速化につなげることも期待されます。
この磁場勾配による抵抗の低減では、磁場浮力を利用した摩擦抵抗低減船なるアイデアもあるようです。
磁場エネルギーはいろいろな場面で使い道があり、面白いと感じます。

今回紹介した特許文献での発明者は、磁気関係の研究をよく発表されているようです。燃焼のための空気の効率的供給に類して、次の文献なども提出しておられます。
   「磁場を利用した空気流および燃焼反応の制御-磁気空気力学-」
    http://www.jsme.or.jp/fed/Old/newsletters/2003_1/1-3.htm#13
            リンク確認2014年5月
   「エンジン用吸気管内勾配磁場発生装置及びそれを用いたエンジンの空気供給システム」
    (特開2002-089378)
   「エンジン用空気過給器」
    (特開平5-44585)


[本] MAGNETIZERには[MAE]という製品があります。これは車両エンジンやボイラーの吸気パイプ用です。燃料パイプへの[AFE][HDFE]と併せてご利用いただくとより効果が期待できます。
MAGNETIZERでは[AFE][HDFE]は[S極]が、[MAE]では[N極]がパイプ面に向かうように設置されます。


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜産業水などを1つの蛇口だけ磁気処理水にしお試し下さい。
   詳細は下記URLをご覧下さい。 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

磁気極性と水質への影響 [水と空気を整える]

磁気処理装置を利用する際の難しさの一つに印加する極性があります。対象物(水)を中に挟み、極向きを[N][S][N-N][S-S][S-N]のいずれで印加するか、また複数の磁石を利用する場合に、極向きを統一するか交互に反転するかといった問題もあります。

今回は、その極性磁気による水質改善の違いを観察したドキュメントのご紹介です。簡易ですがしっかりとした観察です棒磁石.jpg。磁気の極性による水質への影響の違いが述べられています。大変に興味深く、磁場エネルギーの可能性と神秘さを感じます。
  
観察方法
ネオジ鉄ボロン磁石を利用し、磁石の間を通水する2種類簡易磁気処理装置を試作、簡易磁気処理装置をセットした水槽とセットしない水槽の水質変化や藻の繁殖などを観察した。

観察は、循環ポンプの出口に次の3種類をセットした大型水槽を3個用意し、河川水を満たし、2ヶ月間の水循環をした後、下記の2つの項目を観察している。
観察装置
  • 同じ極(N極同士)を対向配置させた
            磁気処理装置をセットした水槽
  • 異なる極(N極・S極)を対向配置させた
            磁気処理装置をセットした水槽
  • 磁気処理装置をセットしない水槽
   観察項目
  1. タイル100c㎡から藻を剥ぎ取りアセトンでクロロフィルを抽出し、その量を蛍光測定法で測定した値を基に算出したクロロフィル量の測定。
  2. 繊毛虫と思われる微生物を顕微鏡で観察した1視野内の固体数のカウント。
観察サンプル
上記観察方法及び下記結果参照
結果
下表に見られるとおり、同じNN極を対向させた場合には、磁界を与えない場合に比べて、クロロフィルも繊毛虫も発生が大きく抑制され、異極(NとS)を対向させた場合には、逆に発生が大きく増加した。
磁界のかけ方 
磁界分布 
(磁石間中央部の磁界)

横軸:中心からの左右距離 cm
縦軸:磁界 kG
水流は右から左(←)

クロロフォルム量
採取面積
100cm2
確認できた
繊毛虫の個数

NN.gif
0.8 μg
1 
固体/数視野 

NS.gif
NS_Bunpu.gif 113.6 μg
10~20 
固体/数視野 

BB.gif
     12.3 μg
5~10
 固体/1視野 
  
試験機関・出典
平成19年度科学研究補助金(奨励研究)研究報告
磁気を利用した地域小河川の水質改善に関する研究
山形大学工学部 技術部 四釜 繁 
http://tech-staff.yz.yamagata-u.ac.jp/kakenhi/H19Shikama.pdf 
  URLリンク確認2014年4月
      
試験日時(期間)
平成19年度の研究だが、実験観察時期は記述が無く不明  


[目]

観察者は、この観察ドキュメントの中で、「pH や電気導電度ならびに塩素やアンモニアなどの微量元素も測定したが、3水槽で、有意な違いは見出せなかった。なのに何故、藻や微生物の生長に大きな差が生じたのか。筆者は、日照量の違いだけでは説明できない現象が起きていると考えており、現在基礎実験を継続している。」と述べています。


[いす]
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水や調理などの業務用水、農畜産業水などを1つの蛇口だけ磁気処理水にしお試し下さい。
   詳細は下記URLから 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

水道水とビタミン [水と空気を整える]

水道水で食品を洗ったり調理することで、ビタミンが損失することはよく知られています。水道水の残留塩素の仕業であることもご存じの方が多いかもしれません。実際にどの程度にビタミンが損失されるのか[ビタミンB1][ビタミンC]についてWeb上で見かけたドキュメントから引用します。詳細と正確さを求める場合は情報源を参照してください。

炊飯100.jpg◇ ビタミンB1
「若い人に脚気予備軍が多くなってきた」そうですが、[脚気]といえばビタミンB1。さて、水道水の調理によってB1が損失することに言及した観察結果からその考察をみてみます。
  • 蒸留水,煮沸水道水,水道水中でのB1分解を測定した結果,蒸留水,煮沸水道水中ではB1の分解は起こらなかったが,水道水中では反応時間,反応温度に比例してB1が分解した.この時の水道水中の残留塩素濃度は0.2ppmであった.
  • 残留塩素濃度の変化によるB1破壊をみた結果,残留塩素濃度が高くなるにつれてB1の急激な破療が認められた.
  • 残留塩素濃度を一定(5ppm)にして,B1濃度を変化(1~120μg/mL)させた時のB1及び残留塩素残存率を測定した結果は,B1 3~8μg/mLの間で残留塩素の急激な低下が認められた.
  • 米を水洗した時のB1の損耗状態を測定した結果,蒸留水,水道水間に差はなく,共に40%程度のB1損耗があった.
  • 米の炊飯過程では,水道水は更に約30%のB1損耗があることがわかった.これに対し,蒸留水の方は炊飯による損耗ほほとんどなかった.
  • 残留塩素によるB1分解物をペーパークロマトグラフ等により同定した結果,主としてピリミジソとチアゾールの2部に分解していることが判明した.
  • 以上の結果から,B1は水道水の消毒に用いられている残留塩素により分解されることが明らかになった.又米の中のB1も水道水で炊飯する時に損耗することが判明した.

お米を水道水そのままで研ぎ炊飯すれば、ビタミンB1の値は3分の1程度まで(7割近くが)損失してしまうということのようです。せめて炊飯には濾過浄水を使った方がよさそうですね。

せん切りキャベツ100.jpg◇ ビタミンC
次に、せん切りキャベツのビタミンCが水道水で損失する程度をみてみます。
  • 塩素濃度の異なる5種類の水を次のように調製した。
     蒸溜水…塩素濃度0.0ppm
     濾過水‥・塩素濃度0.1ppm
     塩素濃度調製水…0.1,0.5,1.0及び1.5ppm 塩素渡度の調製には,次亜塩素酸ナトリウム溶液を用いた。
  • 塩素濃度の異なる水による浸水時間とビタミソC残存率の関係を図に示した。
  • いずれの塩素濃度においても浸水後10分までに急激に減少した。
  • 塩素濃度が低い程ビタミソ残存率が高く,浸水時間10分の場合,0.0pmmで88%,0.1ppmで85%,0.5ppmで78%,1.0ppmで74%,1.5pprnで72%の残存率であった。
  • これらの結果から,塩素がビタミソC残存率に影響を及ぼしていることが認められた。したがって,濾過水を用いることはビタミソC残存率に好ましく影響していると考える。
  • この現象は30分浸水後も同様に観察された.

C残存率300.jpg

せん切りキャベツを水にさらすだけで水溶性のビタミンCは損失を免れませんが、水道水を濾過浄水するのと残留塩素を除去しないままでは、ビタミンCの損失(残存率)が1割程度は違うということのようです。毎日のことですからこの1割を軽視してはいけないのかもしれません。

◇ 情報源・出典

  水道水残留塩素によるビタミンB1分解
   京都大学医学部 藤原元典/糸川嘉則/八木典子
   日本ビタミン学会
   ビタミン 52(3), 153-154, 1978-03-25
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110002844699

  せん切りキャベツのビタミンCおよび食品に関する残留塩素の影響
   帝京短期大学 品川弘子/女子栄養大学 吉田企世子
   日本調理科学会
   調理科学 19(3), 221-226, 1986-12-20
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110001170788

[目]

水道水の残留塩素の規定は蛇口において0.1ppm以上(遊離残留塩素 0.1mg/L:結合残留塩素 0.4mg/L)とされていますが、消毒のための最小値規制で最大値規制ではありません。実際の蛇口では0.1ppmを大きく上回る残留塩素が測定されます。その値は季節・地域・時間帯などで異なるようですが、一般家庭での測定値は 0.6~1.2ppmといわれているそうです。

最近の脚気の原因は[清涼飲料水と即席ラーメン]が主犯のようにいわれていますが、意外と水道水の影響があるのかも知れません。そうでなくとも食品から摂取できる栄養素が減少しているといわれています、何気なく使う水道水、調理は毎日のことですし、簡単に対応(残留塩素低減)できることですから、気に掛けてみてください。

[いす]
〇 写真は下記URLよりフリー写真を使わせていただきました。
   http://www.ashinari.com/
   http://www.photolibrary.jp/

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

高機能浄水装置 [水と空気を整える]

高機能浄水装置の取り扱いを始めることにいたしました。
古き仲間のお友達の会社が正規輸入代理店を務める製品です。そういった、人の繋がりもありますが、この製品の浄水技術のユニークさ、他の追従を許さない性能の高さとともに、自ら安全を確認できない製品や部品は取り扱わないとする、正規輸入代理店の安全に対する頑ななこだわりに惹かれた部分もあります。

[セイシェル]高機能浄水装置
セシウムなどの放射性物質を始め、細菌類・病原体(病原体原虫・大腸菌・コレラ・サルモネラ菌・炭疽菌)などの微生物、 金属物質(水銀.鉛.カドミウム.アルミニウム)、 化学薬品(トリハロメタン・洗剤・農薬工業廃水)、悪臭・塩素臭等、 ほとんどの有害物質を99%以上除去できます。除去物質の一例とその率については、製品テストデータ_ラボ製品テストデータ_フィールドをご覧ください。

ホームピッチャー<br><BR>本体・フィルター付<br><br>¥19,800-(税別)<br><br>浄水能力:560 L<br>容量:3.78 L 携帯ボトル<br><br>本体・フィルター付き<br><br>¥7,000-(税別)<br><br>浄水能力:380 L<br>容量:0.6 L ポンプ<br><br>本体・フィルター付<br><br>¥9,500-(税別))<br><br>浄水能力:380 L セイシェル<br><br>ピュアウォータで<br><br>安全・安心な毎日と<br><br>災害時の<br><br>サバイバルグッズに
    
 

この[セイシェル]製品を販売するお店はWeb上でも幾つか見受けられると思います。私どものショップ[水と空気を整える]からお買い求め頂ければ、もちろん嬉しいですが、ご都合の良いショップを探してお求め下さい。その際は、正規輸入代理店の取り扱い品であることをご確認ください。並行輸入等の製品は、万が一不具合が生じた場合でも、正規輸入代理店の保証を受けることはできません。また、浄水装置の要とも言えるフィルターが異なるなどの場合もありますので、十分なご注意をお願いいたします。

[目]

[セイシェル]製品の取り扱いにともない、これまでの[MAGNETIZER]を核とした[磁場エネルギー]カテゴリーを[水と空気を整える]と変更いたしました。今後、弊社のオリジナル製品[terraDesign][VisualHealth.Navi]とともに、私どもがご紹介する[水と空気を整える]技術や製品に関連した情報をポストさせていただきます。お付き合い下さい。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

磁場と血流 [水と空気を整える]

ミリテスラ(mT)レベルの静磁場が生体に及ぼす影響は、随分前からいろいろと研究されているようです。例えば、磁場印加によって血流が良くなると言った観察報告は多くみられます。血流改善が及ぼす結果である、高血圧・炎症・傷・骨折・痛みなどの疾患に対する、人への治療効果が確認された観察も少なからず報告されています。

先ずは動物による[磁場の血流への影響]を覗いてみます。下の2つのグラフは、共に血流改善の観察例からクリッピングしたものです。いずれも少し前のドキュメントです。
上段は、マウスの皮膚から5mm程度の位置に磁石を近づけた場合と磁石を取り除いた場合の血流量の変化を観察しています。
下段は、ハムスター頬嚢の下方より磁石を往復振盪(しんとう)させたときの血流量(平均。±SD)を、磁束密度の異なる磁石の場合で観察しています。
マウス血流.jpg
ハムスター血流.jpg

具体的な観察内容を下記に示します。
記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。


マウス.jpg
◇ マウスでの観察


800ガウスの静磁場を皮膚に近づけると,皮膚の局所血流量は2倍前後に増加した.毛細血管の領域では磁石の極性方向に関係なく、磁石を近づけると血流量は増加した。

A.材料
  • 実験動物
    マウス(雄5週齢)及びラット(雌250gBW)を使用した.
  • 血流測定装置
    レーザードップラー血流計(laser doppler flowmcter:LDFと略す)はTBF-LC1型(ユニークメディカル社)を使用した.
  • 永久磁石
    表面から5mmの位置で800 Gauss(Gaussは磁束密度の単位)を示すU字型永久磁石を使用した.
B.観察方法
  1. マウス又はラットはアクリル製の固定具にテープ及び手術用縫合糸によってうつ伏せに固定した.
  2. 固定した実験動物の背中の毛を一部分ハサミと脱毛クリームによって除去し,脱毛部にレーザードプラー血流計(TBF-LC1型,ユニークメディカル社製)センサー(直径0.5mm)の先端を軽く測定部位に接触させた.
  3. 血流測定は皮膚表面に太い血管が確認できる場所と毛細血管が分布する場所について行った.
  4. 血流計からの信号はペンレコーダーに出力した.
  5. 動物にはペントパルビタール麻酔薬を50mg/kg腹空内投与した.
  6. ペンレコーダー出力が安定した時点で表面から5mmの位置で800ガウスを示すU型永久磁石を脱毛部位に可能な限り近づけて,静磁場による血流変化をペンレコーダーに記録した.
  7. 数分間,静磁場の影響を測定した後,静かに磁石を取り除き,血流が元の状態に復帰するかを測定した.
  8. 次に磁石の極性(S極,N極)方向(0-180度)を変化させて,血流の変化を測定した.
C.観察結果・・・前掲グラフ参照(上段)
  磁場印加
血流が安定した時点で,400-800ガウスの静磁場を近づけると,正常値血流(6-15ml/min)は2倍~2.5倍(12~17ml/min)に上昇した.
  磁場の極性
更に磁石の極性方向を変化(0-180度)変化させても磁場強度が一定なら血流も同様な増加を示し,磁場方向に血流増加は依存せず,磁場強度に依存する事が観測された.
  皮膚面圧迫
測定皮膚面にプラスツチックの細い角材を軽く押し当てて,皮膚面の血流低下が発生した時点で磁石を近づけると,皮膚面圧迫の度合いに応じて血流の増加が観測された.
  麻酔の有無
麻酔下及び無麻酔下でも同様な血流増加が観測された.
  磁場方向
皮膚表面に観測される太い血管に対しては血管走行に垂直こ磁場極性がある時に大きな血流増加が観測された.
D.原情報・出典
   静磁場による組織血流の上昇
    長谷川武夫・具然和・鈴木郁功 他
    鈴鹿医療科学技術大学 他
    大学紀要 1998年(第5号)


ハムスター.jpg
◇ ハムスターでの観察


変動磁場の作用が末梢の血流動態にどのような変化をもたらすかを,永久磁石をつかってハムスタ-頬嚢で実験したところ,明らかな血流動態の変化を測定することができた.

A.材料
  • 実験動物
    12匹のゴールデンハムスター(4週齢)を使用した.
  • 血流測定装置
    レーザードップラー血流計(laser doppler flowmcter:LDFと略す)はPERIFLUX(R)(PERIMEDKB社)を使用した.
  • 永久磁石
    800 Gauss,2700 Gauss(Gaussは磁束密度の単位)の磁石の入った歯ブラシ(栃木精工株式会社)を使用した.
    この歯ブラシには希土類コパルト磁石系のサマリウム・コバルト磁石が直線に4個並んだものであるが,本実験では実験野がせまいため直径1cmの円形内に磁石が4個並ぶように改良し供した.
    対照として50Gaussの磁石を使用したがサマリウム・コバルト金属それ自身がすでに50 Gaussの磁気をおびることから,これを対照磁石とした.
  • 磁石往復振盪器
    ハムスター頬嚢の下方より磁石が1秒間に1回,左右に1.5cmの幅で往復できる器械である.
B.観察方法
  1. 実験は対照(50 Gauss),800 Gauss,2700 Gaussの3種類の磁石をハムスター頬嚢の下方より往復振盪させたときの血流量をLDFで経時的に測定した.
  2. 4匹のハムスターに25mg/kgのpentobarbital sodiumで麻酔後,頬嚢を露出し固定させ,往復振盪器の磁石を頬嚢の下方より作動させた.
  3. 頬嚢と磁石の先端との間隔は0.5mmになるよう調整し,室温は一定に保った.
  4. LDFのプローブは頬嚢の上方より直角になるように固定し,プローブ先端は頬嚢に軽く接触させる程度とした.
  5. 測定部位は頬嚢中央部の10か所を無作為に測定し値はその平均値とした.
C.観察結果・・・前掲グラフ参照(下段)

  対照(50 Gauss)磁石
   0.02±0.01 voltの血流量の増加があった.
  800Gauss磁石
   0.10±0.03 voltの血流量の増加があり,対照に比べて4倍の増加があった(P<0.01).
  2700Gauss磁石
   0.36±0.05 voltの血流量の増加があり,対照に比べて17倍の増加があった(P<0.001).
これらの血流量は,磁石を作用させるとただちに増加し,時間に関係なく血流量を保つことがわかった.
さらに,磁石の作用をやめるとただちに血流量が元の値にまで減少することも確認した.

D.原情報・出典
   変動磁場作用による末梢血流量の増加について
    坂元晴彦・朝倉昭人
    獨協医科大学
    日本口腔外科学雑誌 Vol.33 No.3


[目]

今回は磁場の生体への影響について観察したドキュメントからのクリッピングです。
磁場の生体への影響は未解明な部分が多く、未だ精力的に研究されている分野です。最近は脳梗塞やうつに対する磁気治療が盛んに実施されるようになってきたそうです。穏やかな磁場エネルギーがいろいろな分野で利用されていくとよいですね。
下記URLはうつ病治療の最近の動向を解説した動画です。少し不鮮明です。
   うつ病治療 診断と治療の動向 2012年
    http://www.dailymotion.com/video/xp2k4s_yyyyy-yyyyyyyy-2012y_tech
リンク確認2012年12月20日     
NHKスペシャルの動画のようですが、こういった類は積極的にNHK自身で無償公開すれば良いのでしょうに。


[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから 
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
〇 ハムスター、ラットの写真は下記のURLから転載引用して使わせていただきました。
    ウィキメディア・コモンズ
    財団法人 動物繁殖研究所

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

磁気処理水による防錆 [水と空気を整える]

水道などの給水管の腐食や水垢等の汚れは、赤水、水流低下と共に漏水による建物へ被害を及ぼします。配管の腐食防止は古くからのテーマですが、マンションなどの大型建物が多くなり、その結果として建物内での配管距離も長大化したため、より深刻で身近な問題ともなっています。
配管の腐食を抑える手法としてはいくつか確立されていますが、それぞれに一長一短であり、特に健康と環境への影響を考えたときには、できれば選択したくない手法も少なくないのが実情です。
① 薬品防錆剤工法
処理費用が比較的安価で広範囲にわたって比較的良好な効果が期待できるが、薬剤による健康・環境への不安が問題となる。
② 脱気法
溶存酸素の除去による錆を防ぐことはできるが、既に形成された錆を除去することはできず、味の変化を引き起こす可能性がある。
③ コーティング工法
パイプライニング工法で工事中に代替配管が必要であったり処理コストが高い上、作業者により施工精度にばらつきがあるにも関わらず、工事精度を確認し難い。
④ 電気処理法
防錆・除錆の効果が共に期待できるが、処理コストが高い。 MAGNETIZER.jpg
⑤ 磁気処理法
さてここでは、言うまでも無く⑤磁気処理法についてです。ランニングコストが安く、何より環境や健康に優しい穏やかなエネルギーであることが特徴です。赤さびに対する磁気処理の効果を観察した例は以前にもご紹介しました。配水管の赤さびや水垢に対する磁気処理は古くから利用されていますが、その効果のメカニズムが明快かつ理論的に説明できなかったこともあり、似非科学だなどと誹謗された時代もあったようです。現在でも未解明な部分が残されていますが、最近ではかなり理論的な説明もなされ、多くの観察例と共にその有用性が理解できるようになってきました。磁気処理による防錆効果の観察例の一つを見てみます。
   ○ 錆・赤水に関する過去ポスト
      錆の除去と防止
      赤水対策とその効果

記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。


◇ 観察方法
下記に示す装置において,水の濁度,水中の鉄イオン濃度の経時変化および鉄片の状態の変化を観測した。なお、いずれにおいても比較のために磁気処理装置を通さずにポンプで水を循環したもの(未処理)の結果を併記する。

  ○ 装置
  • 13L容量のスチロール樹脂製の水槽に,試料である鉄片および温度制御用のヒータを入れ,イオン交換水6Lを満たす。
  • このイオン交換水をポンプを使って循環させ,その途中で図に示すような磁気処理装置を使い磁気処理する。
  • 磁気印加装置は磁束密度7500[G]の永久磁石を4組,互い違いに対向させている。
  • 試料である鉄片の大きさは0.2×85×75mm(厚さ×長さ×幅)であり,純度は99.5%である。
  • この鉄片は前処理として#600のサンドペーパーで表面を研磨してある。
  • 実験中水温は一定(30℃)に保たれており,水槽中の水は内径7mmのガラス管を通る際に磁気印加される。
装置M.jpg
◇ 観察結果
濁度の測定には濁度計(S-100型:SIBATA)を用い,透視比濁度法に基づき計測した。ここで用いる濁度とは,標準カオリン19を1Lの精製水に懸濁させたときの濁りを濁度1000度と定義している

  ○ 水の濁度(下図左グラフ)
  • 実験開始後500時間程度までは,磁気処理,未処理とも濁度の上昇が見られる。
  • この後磁気を印加した場合には1200時間後に,未処理の場合には400時間後に濁度の低下が見られた。
  • これは,腐食の進行に伴い浮遊物が吸着し,その自重により沈殿することによりもたらされるのではないかと考えられる。
  • 磁気処理した場合には1000時間後付近から濁度の低下が見られるのに対して,未処理の場合では1500時間後付近から逆に濁度の上昇が見られる。
  • この時間において水槽を観測すると,磁気処理しているものでは水槽の底にやや粒径の大きな沈殿物が見られるが,未処理の水槽では大きな沈殿物は見られず,全体が赤水となっていた。
濁度鉄イオン経時変化.jpg
  ○ 水中の鉄イオン濃度(上図右グラフ)
  • 鉄イオン濃度は実験開始後1300時間程度までは,磁気処理,未処理いずれにおいても極めて小さな値である。
  • 未処理の場合においては鉄イオン濃度はこの後増加傾向を示し,1800時間後の濁度が増加を始めた付近から高い値を示す。
  • 磁気処理した水槽においては鉄イオン濃度は概ね低い値を保つ。
  ○ 試料表面の腐食面積
  • 実験終了後(2800時間後)の試料(鉄片)を見ると,未処理のものは腐食により角が取れるほどぼろぼろになっていた。
  • 一方,磁気処理した試料は形の崩れも少なく,明らかに腐食が抑制されていた。
  • 表面が隆起するなど明らかに腐食と認められる部分の面積の測定を行うと,未処理の試料では全体の表面積の約91%に腐食が見られた。
  • 磁気処理した試料では腐食面積は全体の表面積の約39%にとどまり,明らかに磁気処理が防錆に寄与していることが認められた。
  • 磁気処理した試料としない試料の腐食面積の全体の行面積に対する割合をグラフ(下図上段)に示す。
割合.jpg
  ○ 試料表面の錆の状態
  • 磁気処理した試料には粒径の大きな錆が見られるのに対して,未処理の試料の錆は粒径が小さい。
  • 未処理の試料表面の錆は褐変しており柔らかくすぐにはがれ落ちるのに対して,磁気処理した試料の錆は黒変しており比較的密着状態が良い。
  • 鉄片表面の錆を削りとると,磁気処理した試料においては,削り取った錆全体の90%が磁石に付着した。
  • 磁気処理しない試料では磁石に付着する量は全体の80%となり両者の割合に違いが見られた。
  • 磁気処理した試料としない試料の磁石に付着した物の割合をグラフ(上図下段)に示す。
  • 磁石に付着した物質は色が黒く,X線回折による測定から磁鉄鉱(Fe3O4:黒さび)であることがわかった。
  • 磁石に付着しない物質は色が赤っぼく,同じくX線回折による測定からリン鉄鉱(γ-FeOOH)であることがわかった。
  • これらのことより,磁気処理した試料の表面には磁気処理していないものに比べ磁鉄鉱が多く見られることがわかる。
  • 黒さびはち密で密着性がよいことからこれが鉄片の錆の進行を抑えることにより磁気処理した試料の腐食面積の低下,濁度の低下をもたらしたと考えられる。
◇ 原情報・出典・関連情報
  磁気処理水による防錆・赤水防止効果
   鈴木雅史 吉村昇
   秋田大学工学資源学部
   表面技術 Vol.51,No.1,2000

[目]

磁気処理することで配管内で赤さび(ヘマタイト)が黒さび(マグネタイト)に変換され、その比率が高くなることは、多くの観察で知られています。黒さびが増えることで、管内の錆は不動態化して水に溶けにくくなり錆の進行や赤水を防いでくれる訳です。黒さびが鉄鍋・茶釜や南部鉄器等に利用されていることはよく知られていますが、[赤]か[黒]かで毛嫌いされるか歓迎されるかの分かれ道と言った事のようです。


[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから
      http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

高磁場印加と日本酒製造 [水と空気を整える]

今回は、酒造りに重要な醪の発酵において、磁場印加により発酵が制御できることを、また磁場印加によって日本酒の成分に違いがでることを示した観察例を取り上げます。

私たちが日常に利用する磁石は0.1~0.5T(0.1T=1000G)程度ですが、この観察では10Tという高磁場を印加し、磁場が与える影響を報告しています。
一般の磁気処理装置を利用して、原料の洗浄用水、仕込み用水、割り水用水を磁化し日本酒を製造した観察例については、過去ポスト「酒の製造」をご覧ください。
記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。


◇ 積算炭酸ガス減量の時間依存性
グラフは磁場を10 Tで印加した場合と磁場無印加の場合で、温度を10℃, 15℃, 25℃と変えた時の積算炭酸ガス減量の時間依存性を示している。
積算炭酸ガス減量.jpg
○ 観察者等の考察
  • 磁場を印加すると発酵が抑えられる。
  • 温度が高い方が磁場の影響を確認しやすい。
    これは酵母、麹菌共により高い温度の方が、動きが活発になるため、より磁場の影響を受けたのだと考えられる。
  • 温度による変化の仕方に差がある。
    これは酵母及び麹菌が磁場によって影響をより受ける温度が違うためである。
  • 10℃の場合は発酵過程に変化が見られない。
    これは10℃という低温下で麹菌、酵母の活動が十分抑えられたためだと考えられる。
○ 積算炭酸ガス減量
今実験では日本酒醸造における「醪」を発酵させる過程で磁場を掛けてその変化を調べているのだが、視認のみで醪の発酵度合いを推し量ることは非常に難しい。そのため、発酵の際に酵母が出す炭酸ガスの総量を量ることで発酵の度合いを調べる。この炭酸ガスの総減量を積算炭酸ガス減量と呼ぶ。酵母は発酵が進むにつれて生成されたアルコールによって失活していくため、積算炭酸ガス減量は段々と一定になっていく。これが変化しなくなったときが発酵の終わった目安となる。

◇ 日本酒の成分(主要な有機酸)
磁場を印加することでリンゴ酸、コハク酸、乳酸等の日本酒の主要な有機酸に変化が見られる。これらの有機酸は日本酒において大半を占める成分であり、これらの変化は日本酒の酒質にも関わってくると考えられる。
成分.jpg

◇ 磁場中で熟成した日本酒の官能評価
○ 長期熟成
官能1.jpg

○ 火入れ後の日本酒に与える影響
官能2.jpg
いずれの官能評価も観察方法・評価基準の詳細は不明ですが、一例として。[GPA Talks]

◇ 原情報・出典・関連情報
  高磁場下での日本酒醸造における日本酒成分への影響に関する研究
    http://aquarius10.cse.kyutech.ac.jp/Japanese_EUC/resercher/2009/shimizu_abst.pdf
    http://aquarius10.cse.kyutech.ac.jp/Japanese_EUC/resercher/2009/shimizu_study.pdf
    九州工業大学
    清水和弥
  高磁場で発酵させた日本酒醪に関する研究
    http://aquarius20.cse.kyutech.ac.jp/ronbun/2010/kuratomi_abst.pdf
    http://aquarius20.cse.kyutech.ac.jp/ronbun/2010/kuratomi_study.pdf
    九州工業大学
    倉冨慎也
  強力な永久磁石の作成と強力な磁力による美味しい酒の製造
    http://jstshingi.jp/abst/p/08/825/kit5.pdf
    九州工業大学大学院情報工学研究院
    小田部荘司


[目]

今回のドキュメントは、学生さんの卒業論文だと思われるドキュメントが主体となっていますので、その点を念頭におき、一つの観察例としてご覧ください。

徳利M.jpg私の住む神奈川地方も朝晩は少し寒さを感じるようになってきました。寒さと共に、ますます酒(日本酒)が旨くなります。私は安めの酒を飲むときは、燗にせよ冷にせよ、磁気処理をします。安酒にありがちな薄っぺらさが改善されると感じています。言うまでもなく官能評価ですので人それぞれですが、私や知人の間では、酒の磁気処理はちょっとした習慣になっているといえます。
酒を磁気処理するか否かはさておいて、寒い日の上燗は、たとえ肴が海苔一枚でも、心身共に温めてくれる不思議があります。芭蕉も「酒さえあれば」のくちだったのでしょうか 。
   月花もなくて酒のむひとりかな


[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから
      http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
〇 イラストは下記のURLからフリーイラストを使わせていただきました。
    http://illpop.com/food_a32.htm

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

電流磁場と小松菜の生長 [水と空気を整える]

野菜S.jpg「ほとんど球だよ」と末娘に言われる体型の私は、もちろん食べることにも貪欲です。だからこそ野菜の栄養価の低下や、野菜を始め肉類・魚類にまで及ぶ残留薬品の多種化と増加は気がかりなことの一つです。
農業に限ったことではありませんが、作れば売れる事による大量生産の効率化から、品質・安全・コストを重視した効率化への転換が必要です。このことは随分前から議論されていますが、未だに前進のないままの今日を感じます。

さて、今回は「変動磁場が植物生長に及ぼす影響」と題された研究紹介からの観察例です。
この観察では次のような結果が示されています。
  1. パルス状磁場10Hzの場合に、対照区の発芽率を上回るビークが現れ,20%前後の発芽促進が認められた.
  2. 地球は地磁気0.5ガウスの他に,強度は小さいが10Hz付近にビークを持つ周波数成分がある.植物の反応がこれと近い周波数特性を持つことは興味深い.
  3. 磁気処理区・対照区間の発芽数の差は播種後14時間程定までに大きく開き.その後はこの差を維持していた.
  4. 磁場の効果は早い段階に発芽した種子に対して顕著であった.
記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。


◇ 観察方法
  • 育成環境はバイオフォトチャンバを用い,温度を30℃の一定に保ち,光は常に消した暗所とした.
  • 湿度管理はバットに水を張って置いただけで行ったが,80%程度のかなり安定した値が得られた.
  • 種子(小松菜)の配置は,下図左に示すように厚き1mmのプラスティック製の版を加工して,直径1.5mmの穴に種子を固定する支持台を製作した.
  • 種子はあらかじめ直径1.5mm以上のものを選別して用い,シャーレに充分の水を張ることで,種子表面積の20~40%が水と常時触れていることになる. 
  • 種子のピックアップはランダムに行い,配置は胚の部分が常に上向きになるように行った.これは、観測の簡便性と印加磁場の方向を統一するためである.
  • 発芽勢の記鐘は,ビデオカメラとVTRを用い自動化して.実験中の人的外乱を無くした.
  • また,撮影用に1時間に1分間蛍光灯が点灯するようにバイオフォトチャンバにプログラムし.これにVTRのタイマを同調させた.
  • 記録は,播種後8時間後からスタートして以後1時間おきに8回行った.
  • 磁坊の印加は,3つのシャーレを用い.地平面に対して磁力線が上向き,下向きと,対照区を設定して行った.(下図右参照)
  • 印加磁場は,5ガウスの強度で定磁場とIHz~1000Hzの範囲でパルス状磁場を与えて,その発芽勢を調査した.
植物育成_01A.jpg

◇ 観察結果と考察
  ○ 発芽勢の周波数特性
  • 下図左は横軸に周波数を縦軸に対照区の発芽数を処理区の発芽数で割ったものをとり,周波数に対する発芽勢の応答を表している.
  • この数値は,播種後13時間経過後より1時間ごとに16時間後まで4回の計測値を平均したものである.
    従って,数俵が1より大きいときには生長の促進,小さいときには生長の抑制が起きたことになる.
  • 定磁場を与えたときをみると,処理区の発芽は対照区の発芽よりも少なくなり発芽抑制が生じていることが観察された.
  • パルス状磁場を与えた場合は5Hzから50Hzの間で処理区の発芽数が対照区のそれを上回った.
  • 特に10Hzの場合にビークが現れ,20%前後の発芽促進が認められた.すなわち,10Hz付近の低周波域で磁場に反応するビークがあるものと考えられる.
  • 地球の磁場環境には,定磁場と考えて良い0.5ガウスの地磁気の他に,強度は小さいが10Hz付近にビークを持つ1-30Hzの周波数成分がある.これはシューマン共振とよばれ,植物の反応がこれと近い周波数特性を持つことは興味深い
植物育成_02.jpg

  ○ 10Hz印加時の発芽状況の経時変化
  • 上図右は縦軸に最終的な発芽数を100とした発芽数を,横軸に播種後の経過時間をとってある.
  • これより,処理区・対照区間の発芽数の差は播種後14時間程定までに大きく開き.その後はこの差を維持していることが分かる.
  • すなわち.磁場の効果は早い段階に発芽した種子に対して顕著で,これは磁場の反応にも個体差のあることを示唆していると考えた.
  • いかなる理由によって各局波数印加の差異が出現したのかは究明中であるが,磁場の印加方法によって植物の生長,この場合は発芽であるが,に対して有為な影響を与えることが分かった.

◇ 観察者等の緒言から
  • 戦後日本の農業は,農業機械の導入と化学薬品の投入により飛躍的にその生産性を高めてきた.
  • 多量のエネルギを圃場に投入し続けてきたことによるひずみは,農業生産の場のあちこちに現れてきており,環境問題の観点からも早急な対策を講じる必要がある.
  • 検討すべき点は,現在の収豊を推持しつつ.いかにして圃場への投入エネルギ量を低減Lていくかということである.
  • 注目しているのは徽少エネルギの有効利用である.
  • 磁場を含む微少な環境因子の植物の生長に与える影響は,活発な論議がなされている,光,温度.水,栄養や大気環境等の環境因子と植物生長の相関について比べ,研究テーマとしてはそれほど大きく取り上げられてはこなかった.
  • 一方,篤農家を始めとする現場においては,例えば植物栽培に晋楽を取り入れて生長促進を図るなど,微少環境の効果が決して小さくないことが実証されている.
  • 著者の現在までの研究でも,磁場等微少環境が植物の生長に対して何らかの影響を及ばすことが確かめられており,これを定量化していくことがこれからの課題となっている.
  • 微少エネルギを植物の栽培に適応していくメリットとしては,安全かつ安価に植物の生長をコントロールできることがあげられる.
  • 微少エネルギの農業への導入は人に環境に優しいことを目指す,これからの農業大系に不可欠であるといえる.
◇ 原情報・出典・関連情報
  変動磁場の植物生長に及ぼす影響
    岡山大学農学部学術報告 vol.85, (1996)
    岡山大学農地生産力開発学講座
    難波和彦


[目]

この観察では、電磁場の場合は10Hz程度の変動磁場において発芽が促進され、定磁場では逆に抑制されるとしています。
以前にご紹介した観察例(下記①③)では、カイワレ大根の発芽率が磁石による静(定)磁場の印加で向上されることが観察されています。両者の明確な違いは[電磁場]と[静磁場]ですが、果たしてそのことによる結果の違いかは不明です。[電磁場]と[静磁場]で同じ実験観察を行ってみると面白いかもしれません。私どもに実験をする機会があったり、外部に類似した観察例を目にしましたら、またご報告いたします。
  〇 磁場の発芽への影響に関連した過去ポストです
   ①カイワレ栽培_成長とカチオン含有量
    http://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2012-02-23
   ②ホウレンソウやカイワレ大根の発芽・生育の促進・安定
    http://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2011-06-20
   ③ニンジン・カイワレ大根の育成と再生
    http://gpatalks.blog.so-net.ne.jp/2010-08-26


[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから
      http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

静磁場の内皮再生促進能 [水と空気を整える]

前回に続き磁場の生物学的効果「静磁場の内皮再生促進」の観察例です。
内皮に機械的な損傷を与え, 内皮を剥離させた血管を交互配列静磁場フィルムで巻くことで、内皮再生が促進されたことが観察されています。
記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。


◇ 観察方法
  ○ 材料と方法
  1. 16頭の雑種成犬の両側頸動脈(N=32)を用いた.
  2. 頸動脈の内皮に長さ5cmにわたる機械的な損傷を与え剥離させた. 剥離方法は, 両側頸動脈の末梢側に作成した穿通孔から剥離子を挿入し, 長さ5cmにわたって合計6回血管内腔を擦過する方法をとった.
  3. 損傷させた頸動脈の一側をガス滅菌後の交互配列静磁場プラスチックフィルムで巻き(実験群:N-20), 他側はそのままとした(対照群:N=12).
  4. 内皮損傷直後および損傷後1, 2, 4, 5, 6, 8週後に頸動脈を摘出し, 光顕(ヘマトキシリン・エオジン染色, vonWillebrand因子染色)および走査電顕にて動脈内腔を観察した.
  5. 各検体の内皮損傷部分を1cmごと, 五つの部分に分け, 両端の1cm部分をそれぞれ近位部, 遠位部とし,中央の1cm部分を中央部とした. 中央部と近位部および遠位部との間にはそれぞれ1cmの緩衝地帯を設けた.
  6. 内皮の再生速度の評価は, 内皮の再生がどれほど速く中央部に及ぶかによって行った.
  ○ 磁場
  • N, S極が交互に配列するように着磁したプラスチックフィルム(0.2μmの磁性体からなる)を動脈の外周に巻いた.
  • 磁束密度(Bz)は表面上では280ガウスであったが, 距離に応じて減衰し、
    血管内腔での磁場の強さを計算すると(この実験のイヌの頸動脈の厚さは平均0.7mm)約130ガウスの値が得られた.
  • 磁場装置の模式図、磁束密度分布を下図にしめす.
模式図.jpg
血管外から交互配列静磁場をかけた場合の模式図N, S極が交互に配列している静磁場内を血液中の陰性荷電粒子が流れている様子を示した.
流血中の陰性荷電粒子の作る変動電場が交互配列静磁場に影響を与え, その磁場に微小な変動を与えうる.
プラスチック表面から垂直磁束密度の変化は図に示したようなサインカーブを描き, その最大値は280ガウスであった. N, S極が交互に配列している周期は5mmであった.

◇ 観察結果
  1. 損傷直後(N=2):剥離子による内皮細胞の剥離が完全に行われているかを確認するために損傷直後の標本を検討した.
    損傷を加えた直後の内皮は全面にわたって剥脱し, 内皮下組織が露出していた.
  2. 1週後:対照群(N=2)および実験群(N=4)ともに, 内皮細胞の再生所見は標本のごく一部に限定されていた. 内皮細胞の再生は損傷部分の両端近傍にのみ認められ, 有意差は認められなかった.
  3. 2週後:対照群(N=2)では内皮の再生所見は近位部および遠位部の一部にとどまっていたが), 実験群(N=4)では近位部および遠位部に内皮の再生像が認められ, 中央部にまで内皮の再生は及んでいた.
  4. 4週後:対照群(N=2)の中央部にも内皮の再生が認められ, 実験群(N:2)との差は有意でなくなった. 5, 6, 8週後も4週後と同様の所見が認められた.
原情報には細胞再生状態の電子顕微鏡写真が添えられています。興味のある方は、原情報を参照してください。

◇ 考察
  • 術後1週では実験群と対照群間には内皮の再生の程度には有意な差は認められなかったが, 2週になると実験群の内皮再生は中央部にまで達しており, 対照群との内皮再生の程度に差が認められたことから, 交互配列静磁場は動脈内皮再生促進能を有するものと考えられた.
  • この知見は交互配列静磁場の人工血管への応用をはじめとして, 種々の臨床応用への可能性を示すものである.
  • この機序の詳細は不明であるが, 血流中の陰性荷電粒子と静磁場の相互作用が内皮細胞の膜電位に変化をもたらし, なんらかの経路で細胞の増殖を促すのではないかと考えられる.
  ○ この実験での問題点
   a. 対照群の血管の周囲に何も巻かなかった点.
このことは,交互配列静磁場ではなくプラスチックフィルムそのものが内皮再生促進に関係していた可能性を生じさせる. しかし, プラスチックフィルムの素材による可能性は, 別途施行中の, 着磁されていないプラスチックフィルムを対照群に巻く実験結果(未発表)からするとこの可能性も少ないと思われる.
   b. 内皮細胞の剥離方法
剥離子による機械的な方法をとった. 十分に血管内腔を擦過し, 剥脱を免れる部分がないように努め, 内皮損傷直後の標本を光顕および電顕的に観察し, 内皮が完全に剥脱されたことを確認した. しかし, このような機械的な方法ではいつも完全な内皮の剥脱が得られるとは限らないので, 現在ではより確実に完全な内皮剥脱を得る方法として, Fishmanらの提唱するair-dry法を採用している.
◇ 原情報・出典・関連情報
Kleopatra.jpg  交互配列静磁場の動脈内皮再生促進能
    人工臓器 21(5),1992
    東京女子医科大学付属第二病院心臓血管外科
    宮脇富士夫 須磨幸蔵
    東京大学先端科学技術研究センター
    松本博志
  静磁場の血管内皮細胞増殖促進効果
    表面科学 1991年09月
    東京大学先端科学技術研究センター
    松本博志

[目]

今回の観察例を始め、静磁場が細胞再生に何らかの効果を及ぼす事は、随分前から取り上げられています。そのうち切り傷の絆創膏に磁気フィルム絆創膏などという商品が出てくるかも知れませんね。
もっとも中国やギリシャ・ローマを始めとして[磁気治療]は古くから盛んにおこなわれていたようです。残念なことにお会いしたことはありませんので、事の真偽は存じませんが、あのクレオパトラもお肌のハリに磁気を使っていたとか。我が家のクレオパトラもテレビを見ながら、顔や首筋当たりに磁石(MAGNETIZER)で磁場を与えています。効果のほど、それはもう・・・・・・

[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから
      http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html
〇 イラスト・写真はウィキメディアコモンズを使わせていただきました。
    http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kleopatra-VII.-Altes-Museum-Berlin1.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

赤水対策とその効果 [水と空気を整える]

磁気処理装置が水道の赤水対策に有効な事はよく知られています。昭和40~50年代の建築では炭素鋼鋼管が使われ、老朽化と共に赤水の被害に悩まされていたようです。最近の給配水管は塩ビ管やステンレス鋼管が使われ、赤水の心配は少なくなりました。
赤水対策に磁気処理装置を利用した観察例は、以前に公営住宅でのケース(*1)をご紹介しました。今回も、観察者等の会社家族寮における、実際の給配水管によるケースをご紹介します。

    (*1) 錆の除去と防止

観察者等は会社の「家族寮」2カ所と「技術研究所冷却水系」1カ所の3カ所での観察を実施しています。ここでは磁気処理装置を主体とした「家族寮」における観察をコンパクトに取り上げます。
記述はできるだけ原典の表現を尊重していますが、抜粋紹介のため、図を含めて表現や用語を変更・省略・整理していますのでご了承ください。必要な場合は原典をご参照ください。

◇ 観察概要
磁気処理装置の設置箇所と観察結果および観察者等の見解を次に示します。
(図は原情報を元に再作成)
西松赤水.jpg

  • 高架水槽・濾過タンク部と共に、揚水ポンプ吐水直後と各給水竪管上部にも,磁気処理装置を設置した.
  • 装置設置前からの色度,濁度および鉄の経時変化を示す.(上図)
  • 設置前には,3項目とも水質基準値を大きく越えていたが,1ケ月後には全て基準値をクリアしている.
  • なお4ケ月後,高架水槽内部に錆が沈積していたが,装置が設置されていない他棟ではその錆の沈積が見られなかった.
  • これはポンプ直後に取付けた磁気処理装置の働きにより,揚水ポンプ~高架水槽間の配管中の錆が軟質化し,流出・沈積したものと考えられる.
◇ 原情報・出典
    磁気処理による赤水対策とその効果
    萩谷宏三 宮田寛明
    西松建設技報 Vol.13(1990)


[いす]
〇 磁場エネルギーの過去ポスト一覧は[GPAカテゴリ][磁場エネルギー]を表示しご参照ください。
〇 磁気処理水を試してみたい方には「EcoEcoを体験してください」がお薦めです。
   家庭水・店舗・業務でお使いの1つの蛇口だけ磁気処理水にしてお試し下さい。
   詳細は下記URLから
      http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/mag_try.html
〇 販売パートナーについて
   随時販売パートナーを募集しております。お問い合わせのみでも歓迎です。
    http://www.gikosha.co.jp/ecoeco/MAGNETIZER/magnetizer_partner.html

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の20件 | - 水と空気を整える ブログトップ
食費無料のアルバイト